スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危うく「続かないブログ」になるところ

 気づけば1週間と一日,ブログが途切れた.
本当に「続かないブログ」になりかけるところだった.アブナイアブナイ...

 どうも忙しいのと,なんやかやと仕事が進まないのでブログまで気持ちが巡らない,というのがその原因かな.
とは言え,続かなくなる訳にはいかないので,とにかく今から更新.


 先週まで,地方に派遣されていた人たち,特に教員をやっている若い人たちが首都に戻ってきていた.彼らには貴重な冬休みシーズンだ.
 そんな中,Kazさんのおかげで合計で4日?何人かは我が家に招待できて,恐らく楽しんでくれて,そしてわが家族には多くの刺激を残していってくれた.

ユウカもこの1,2週間でたくさんのお兄ちゃん,おねぇちゃんと会うことで,人見知りをするのが減ったみたい.
IMGP8660rr.jpg



 今日の夜は最後に首都に残った,地方の若い隊員二人が我が家に来てくれた.
 寝起きのユウカは最初はふてくされていたけど,すぐに二人のお兄ちゃんに慣れて,最後には二人の名前を「グリ」と「グリトグラ」と覚えて遊んでもらった.

 そして大人のほうは,何度か彼らと会うことで日頃気づかない視点での「ブータン滞在の大事なポイント」に気づかせてもらった.

例えば,現地語の問題.
 我が家全員,ゾンカ語を殆ど覚えていない.しかし,その前に全員が英語に弱い.ユウカは仕方ないとしても大人の二人はしっかりとコミュニケーションができないとアカン.ということで,ゾンカ語の前に英語をできるだけ使うようになってしまう.現地語は後回しということになる.

 しかし,,,やっぱり地元の人とは現地の言葉(正確に言えばお国から指示された国語というだけであって,全ての人のマザー・ランゲージではないが)で話すほうが,ずっと親密になれるし,第一にむこうから帰ってくる笑顔度が違う.

 今日,ショップNo.7でゲデゥのこうちゃんが店員と話すのを見てそう思った.

 それから,ティンプーにいる我々には想像もつかない地方の暮らし.それを知ることができた.それぞれがいる町の名前や位置が頭の中にはなかなか記録されないが,どうであれ,ブータンにいる間に積極的に地方に行く必要がある.熱烈にそう思った.


 先週末のハイキングでは,それぞれユニークで,かつ真面目で,熱い彼らと時間をともにすることができた.
それぞれ将来に不安を抱えているものの(それは我が家も同じか..),明るく,気持ちのさわやかな奴ら.これからも刺激を与え,与えられつつお付き合いできたら嬉しい.
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。