スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブータンの魚はうまい?

 子供の頃家にいたシャム猫のミミ.外で喧嘩をしては怪我をして帰ってきた.
そして,その怪我が膿むと強烈な匂いになった.臭いもの嗅ぎたさで子供の頃はクンクンかんでは「お~」って喜んでた記憶がある.

そして,ブータンに来て何度かその匂いを思い出した.

 サブジバザール.ティンプーの台所.町の中心から少し外れるが,野菜,果物,穀類,乳製品,肉,魚.と食べ物はだいたいここで揃うので,週末の買い物はいつもここ.

 そのサブジの中で,魚は大げさに書くと異色を放っている.ではなくて,異臭を放っている.くっさいのだ.
前を通るとよくミミの怪我の膿を思い出す.

 ここの魚は殆どがインドから来た干し魚.店によっては魚の数より蝿の数の方が確実に多い.
そのおかげで,魚好きの我が家でもブータンでは魚を買ったことがなかった.

 ところがこの前の土曜日,階段から落ちたユウカが店の干し魚をひっくり返したもんで,お店への愛想に干し魚250gを50Nu(約100円)で買うことに.→土曜日のブログ

 買ったはいいがどう料理をするか.それが問題だったのでお手伝いのソナムさんに聞いてみた.彼女の料理の腕はすごいから.
 そして,ソナムさんの腕は期待にこたえてくれた.

 一晩水浸で塩抜き,素揚げ,野菜と一緒に油いため,の行程を経て,干し魚は美味しい料理に変身.
感じとしては,味も食感も鯵の骨センベイ.
DSCN2210.jpg
 ユウカも大喜びでパリパリ食べてる.
 酒の肴にもなるし,残ったのはお酢につけてマリネ風すれば二度楽しめそう.

 ユウカが干し魚をひっくり返してくれたおかげで,ブータン=魚はダメ,の誤解が少し解けたようだ.
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。