スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球がバーンで月がボーン

ティンプでは月の明るさを改めて感じる.

 さて,そのお月様,地球がバーンして,そこからボーンと生まれた,,,,かもしれない.マントルと核の境界(当時の)で起きた核爆発で.

 論文でそんな話しがあった.
"An alternative hypothesis for the origin of the Moon"
Meijer & Westrenen
Earth and Planetary Astrophysics誌って,宇宙音痴な自分にはなんだか聞いたことない学術雑誌だけど...
一瞬,天下のEPSL誌かと思った.


 月の成因で主流な学説は「ジャイアントインパクト」仮説.
 授業で使っていたGI説のイメージ画像 from NASAのページ.言えば「小惑星が地球にドカーンで月がボーン」といったところか.

 MeijerとWestrenenの論文だと,
・月の化学組成と同位体組成が地球の浅い部分とそっくりすぎるよと.
・ジャイアンとインパクト説だとそれは説明つかないよと(あれ?それがGI説のツボだったはずだけど,,).
・ぶつかってきた天体の組成の分(80%としてる)が月にあるべきだよと.ってのが問題提起部分.

 でもシロウトなりに思うと地球と外来の天体の組成がほとんど同じだったらこの問題自体がなりたたない?
 しかもかなり原始地球が不自然なかたちを振舞わないといけないみたいだけど,現実に可能なのかな?
 そもそも月の内部の組成ってわかってるんだろうか?

 でもこういった説があることは面白い.この説はそもそも100年以上も前に,かのDarwinの息子で有名なケンブリッジの学者さんらが言い出した学説だってことだから,その説の復活ということになる
 ほぉ~って感心したりして.

 授業で月の成因を説明するとき,このんな説もあるよん,って使えるかも>自然科学を教えているみなさん.



 宇宙関係のページを見てると一日(一晩)があっと言う間に過ぎてく...
 例えば火星の画像や,DEMの合成ムービー.たまらんです,コレ.
関連記事

tag : 月の誕生 分裂説 ジャイアント・インパクト仮説 ジャイアンとノビタ 原始地球 ダーウィン 惑星地球科学

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。