スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せムキムキアスリート

 ヒマラヤ氷河2035年問題,ヒマラヤの麓でもやっぱり話題になっている.そりゃそうだ.

 局の所長代行から,世界の氷河の溶ける速度と比べて,うちのはどうなんじゃぃ?てな質問がきた.
 明日,首相のジグミなんちゃらさんと会うから,それまでに情報が欲しいとの事.

 聞けば,溶ける速度と氷河の一般的な長さをもとに,ヒマラヤの氷河が本当になくなる年を知りたいらしい.すなわち,全世界数億人に2035年と誤解されたあの数字の正解をくれ,ということだ.
 それはムリ!と言うかそんな数字をはじき出すこと自体ナンセンス.とプァーなボキャブラリでとりあえず説明したがどうもわかってない.と言うか理解しようとしてない.

 いつ消えるかの推定に意味が無い.と言いたいのは,おなじヒマラヤにあっても氷河は多様,しかも氷河の後退の早い,遅いにはいろんな要因が絡んでるから.

 一つの氷河でも基盤の傾斜,氷の厚さ,表面のデブリの量,汚れ方,氷河湖の有無,雪や氷を涵養する斜面の有無,なんていう条件は,自身が縮小していくうちにどんどん変化する.そして,この条件が変わると氷の無くなり方,増え方もえらく変化する.しかもこれらの要素の量の殆どは正確に見積もるのが難しい.
 
 しかも,気候変動のバロメーターである氷河の変動は気温や降水量の変化とタイムラグがある.敏感なやつと鈍感なやつの変動を,しかも計測できた氷河だけで平均値を求めることにも問題がある.

 特に厚い保温材であるデブリに厚く覆われた氷河はこのまま温暖化がズンドコ進んでも,再来年,じゃなかった再来世紀までに消えるかどうか...
IMGP3267.jpg
↑ブータンのとある氷河.氷河に見えないけど,土砂と茂みの下に大量の氷がある.この氷が溶けきるのはいつ?

 ただ一方で,確実なデータをしっかり集めてでできるだけの事を言う,というのも科学の責務ではあるか.

 で,,今日書きたかったことはそんなんじゃないはずだった.

 今日からジム通いを始めた.本当はジムで運動,なんかじゃなくて事務系の仕事をもう少してきぱきやって,YさんやDさんにお尻を叩かれないようにしないといけなんだが.でもまず,その前に体を鍛えることにした.

 名目は,次の調査ための基礎体力作り.自転車のときも同じ言い訳だったが..
 来年度は合計70,80日の遠征が今のところ予定されている.来年は若いスタッフや馬方と対等に背負って歩けるようになりたいということで.

 そして,今日はそのジムの初日.
 ホテルの地下にあるジムはブータンとしては恐らく最新式の設備.でも夕方なのに誰もいない.

 腹筋,その場でランニング,足で押し上げるやつ,横になってバーベル上げるやつ,たって持ち上げるやつ,ってどれも種目名で書かないと間抜けだけど,とにかくそのへんをやってみた.明日体が動かなくなるのが怖いので弱気にちょっとずつ始めてみる.

 会費は半年フリーで,ジム以外にサウナ,シャワー,ジャグジー(お湯入ってない),ミストサウナもあって14000円.毎日来てシャワーだけ浴びても元が取れそう.

 さて,どれくらい続くか自分でも楽しみ.

 そいえばこのホテル,去年泊まった時,風呂の水出しっぱなしにして吹き抜けに4階から滝を作って,ロビーを水浸しにしたんだった.あの時は(も)みんな優しいスタッフでよかった.
関連記事

テーマ : 筋トレ
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。