スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は12月の元旦?


 14日の夕日は西日本では日食したままだったそうだが,その日食,ブータンでは昼過ぎから3時過ぎまでだったらしい.「らしい」というのは,見損ねたから.ブータンでは今世紀最長だとか,すごいショック.

 クエンセルに載った月食の写真

 日食する,ということは太陽と月が同じ方向にあるので新月ということになるが,今回の新月はブータンの,特に東の人たち,シャショッパ系の人たちには特別らしい.

 昨日のBhutan Today紙によれば,この日はチュニパイ・ロサ(Chu Ni Pai Losar)とある.ロサは元旦という意味.その前の単語「チュニ」は12って意味だろうか.
 Bhutan Todayの記事

 ま,よくわからないが,とにかく彼らは年が明ける前の新月を(新月も)祝う.すなわち,旧暦の12月1日を祝うそうだ.そしてそれは今年の場合,昨日の1月15日だったというわけだ.

 ブータンカレンダーには"Traditional day of offering"とあり,お供えものの日ってことになる(新聞ではシャブデゥンへの捧げ物となっている).昔だったら牛やヤクでもさばいて仏壇に供えて,そのあとみんなでワイワイ,ってところだろうか.そ言えば,一昨日,車の屋根に牛の半身をそのまんま載せた車が走ってたなぁ.

 この日は,特に親族一同が集まってしっかり楽しく過ごす,というのが慣わしらしい.シャショッパであるカウンターパートのプンツォも,昨日はしっかり休みを取ってたので,親族との時間を楽しんだはず.

 一方,もう一人のプンツォ(ブ国は名前のバリエーションが極端に少ない.なので知り合いに4,5人のプンツォがいる)が今朝突然遊びに来た.前触れ無く人んちにお邪魔する,というのはブータンでは全く普通なことなので,来てもらえることをこちらも嬉しく思う.うちの奥さんは大慌てだったけど.

 で,彼もシャショッパ.本来なら東の町で親族と祝うらしいが,訳あって独り身なので何もしなかったらしい.「ほんとはお祝いの日なんだけどネェ」と,ポツリと言ったのがなんだか哀れだった.
 
 そして来月,今度は旧暦の正月の元旦を祝う.カレンダーだと3連休になってる.どんな正月になるか楽しみ.
 新暦の正月に年賀状を出せなかったので,好きな写真の切手でも作って(手数料ゼロでそれができちゃうブータンってすごい)はがきを出そうか.
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。