スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直な人たち

ブータンに来てもあい変らず忘れ物をする。

・小銭入れ
・一眼レフカメラ
・おつり(結構な額)
・買ったばかりの毛布

これはブータンに来てからお店や売店で忘れたもの。

 そして,全て店員さんが呼び止めてくれる,追っかけてきてくれる,レジ裏にとり置きしててくれる,とかで手元に戻ってきた。
...隣りのインドだったらまずありえない。

 毛布忘れた事件の時は,家内は完全に諦めていた。
もし戻ってきたらブータンに永住してもいいとまで言った。
 そして無事に戻ってきた。永住しなきゃ。 

----

 ティンプーのタクシーは知らない人と乗り合いになることがある。
そうなると多くの場合本来50ヌルタムのところ,15ヌルとかで済んでしまう。

ただ,この前はかなり走ってくれたもんだから,15でいいと言うところを,すこし足して払おうとしたら,「うんにゃ,いらねぇだよ」みたいな感じで,がんとして受け取ってくれなかった。
...隣のインドだったら絶対にありえない。

すげぇ国だ。


(そうそう,でもインドが悪い国と言う訳じゃない,ってことだけは書き足しておかないと。。)

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。