スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日本で起きている災害とこれからの課題(その3.完)

今日は三部構成でして.

これじゃなくて,下の下の記事「その1」から読んでください.

----------
【これからの課題】
 まずは犠牲者とその家族と数十万人の避難者が一日でも早く健康面・精神面・物質面において日常を取り戻すことが万人の願いであろう.地震と津波の被害が国のほぼ半分に及んだことは,日本の歴史上初めてのことであり,広域かつ多岐にわたった課題が山積である.試算された直接的な被害総額は25兆円,それは世界で過去最高額になる.また,原発事故は発電設備の冷却・安定化から原子炉の廃棄まで,人類が体験したことのない問題を数年~数十年(炉心の安全化までは数万年)かけて解決する必要がある.原発事故による被害額,保障額は現時点で見積もりができていない.

 これらの復興と同時に大切なこと,それは今後再来する地震・津波に対して十分な体制(ソフトとハード両面)を準備し,原発事故と言う人為災害については再発させないことである.それには自然に対する畏敬・畏怖の念を取り戻し,今回の災害を見つめ直し,考えを今一つ新たにすることが必要であろう.特に,原発事故については,その安全性の不確かさと原発を選択することによって子,孫,その先の代まで,しかも国を超えて生じる生命・精神・経済へのリスクを考えなければなるまい(現状では廃棄物を安全に処理する術さえ無い).そこに私欲の入る余地はない.先進国と新興国による異常な電気(エネルギー)の消費問題を含め,国が,企業が,市民や科学者一人一人が,今の行動がjusticeかinjusticeなのか胸に手を当てて考える必要があろう.

 生物は過去46億年の地球史の中で時々遭遇した,過酷な環境・気候変動(隕石衝突や数百万年におよぶ巨大噴火等による大規模な変動)を経験することにより,複雑な生態へと進化を遂げてきた.その結果,我々人類がいて,さらに今の文明社会がある(それが我がSpaceship Earthにとって最善かは別問題として).今回のカタストロフィックな自然災害と恥ずべき人為災害も,人類の(大げさに言えば生命の)進化へとつなげる「憎き機会」とすることを全人類が肝に銘じる必要があるのではないだろうか.それが無い限り,この災害の犠牲者すべてとこれからの子孫に陳弁を試みることは何らできないはずである.

(完)
関連記事

tag : 地震 津波 日本 現状 紹介 ブータン 寄稿 原発事故 未来 責任

コメント

非公開コメント

その3

その3

直接的被害総額>
多分25兆円を超える。
間接被害、復興費用は計り知れない。

原発への対応>
アメリカ、フランスなどが援助の手をさしのべている。
もはや、日本一国の問題ではなくなっていること。

No title

間接被害、復興費用は計り知れない。
これって,どれくらいのケタになるんでしょ?どこにも触れられてないですかね?

米仏の援助.
サルコジの訪日,裏が見え見えで気持ち悪いです.
日本一国の問題ではない,というのは文章に必要ですね.

以上,ほんとにありがとうございました.

費用

>>間接被害、復興費用は計り知れない。
>これって,どれくらいのケタになるんでしょ?どこにも触れられてないですかね?

ロイターが「東日本大震災の復興費用は少なくとも1800億ドル(約14兆6800億円)、国内総生産(GDP)の3%相当と試算されている」
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20033520110315

足りないと思われ。

NHKはこんなこと言ってる。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/76349.html

こんな分析もある↓
http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2011/03/ict-1ca4.html

けど、まだまだ被災者増えるから判らないってのが答えだわな。w

No title

すぅぱぁサマ

 連休前に火山が噴火,だからその「経済効果が」などと言うように,今回の地震の経済効果,特にみなさん出不精になることで,国内の観光や交通に与える額,なんて正確に見積もれないんでしょうねぇ.

昨年まで実績平均 - 今年度実績=マイナスの経済効果,
って答えになるんだろうか..

No title

正直、余震が頻繁にあって、計画停電があって・・・
なんてしてると結構萎えるよね。
それで出歩く先も暗かったと来てると、ま、家にいるか・・・ってなる。

でも、春は来たし(花粉は来なくてよろし が)、
計画停電はとりあえず終わったし(夏にはまた来るかもしれない が)、
来る梅雨までの間は、少し表に出ないと、
引きこもりになってしまふ。

マイナスにならないように、少しでもゼロいやプラスになるように、
財布は軽いけど、少し出かけてみるか・・・。
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。