スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で測る(つづき)

 実は前回のブログは前ふり,のつもりだったのが長くなってしまったもの.

 で,実際に書きたかった事はこれ.

 世に出てる多くのブータンの面積,この数字って間違ってるよ.ってことが実際に測ってみたら(僕なりに)わかった,って話.
実際にと言っても,国境線をずーっと歩いて図ったわけじゃなく,単にGoogle Earthで測ってみた,ってだけなんだけどね(スンマセン!)..


 ことのきっかけは,2006年にチベットとの国境線が新たに引き直され国の面積が18%小さくなった,というネット記事を見かけたことだった.

 初めはふぅーん,すっげぇー..と思ってたのだが,よくよく考えるとじゅうはちパーセントって尋常な数字でではない.おかしくない?取られすぎじゃない?と思えてきた.

 ってことで測ったら,国境画定に関係なく,そもそも国の面積がよく見かける47000km2とか,九州と同じ面積(42190km2),なんてことはなくて,もっと小さいってことがわかった.

 今回GGEでざっと測って出た値は,西端のチベット側との係争地を入れて38775km2.係争地入れないで38631km2.2005年に失った面積を入れても40025km2,となった.

 もちろん,これに近い,というか正解に近い数字は既に出されている(出されてなかったらそりゃたいへんよね)
 ↓
・国の統計局,それを引用したLonly Planetや地球の歩き方:38394km2(Stastical Yearbook 2009)
・Wikipedia 英語版:38816km2(出典不明)

 ちなみに日本語版Wikipedia(ウソ情報がおおい!)は47000km.日本の旅行会社のサイトはもちろん,出版物でさえこの数字が使われてる.2006年以前の旧面積だったとしてもおかしい数字.

 そして,きっかけとなった国境再画定で失った18%という怪しい数字,「18%,ブータン」で検索するとうじゃうじゃ引っかかるが,これはこの数字47000km2が,38000km2くらいになった,とすると出てくる数字と分かった.

 で,実際に失った面積は3.1%.
 日本で言うと秋田県くらいの面積にあたる.これでも十分びっくりですけど..

 で,今回の結論
 ・ブータンはもともと九州より小さかった.
 ・2006年にブータンは秋田を失った(ちょっと違うか).
 ・それでもブータンの面積ははっきりしていない.
 ・レポートをWikipediaに頼って書くと間違えちゃうぞー
 ・自分で測ることで納得しれ.
の五つかな.

 しっかし,「47000km2」のもともとの出どころってどこなんだろう? 
関連記事

tag : 国土面積 中国 チベット 国境画定 ウィキペディア 秋田

コメント

非公開コメント

面積

私の持っている一番古いブータン地図(1965年)には面積表示がありません。

1979年にブータン政府が発行した50ページ弱の本(冊子?)『BHUTAN HIMALAYAN KINGDOM』には18,000 square miles と表記されています。
なお、同冊子の日本語訳(1982年 日本ブータン友好協会発行)では、47,000平方キロメートル と記されています。
・・・・同冊子類は、時計塔広場の時計塔に向かって左(ホテル・ドゥルック真向かい)の「ギャラリー」で販売されているのを昨年正月までは確認しています・・・・

なお、1997年にデンマークとブータン農業省が作製した地図帳『ATLAS OF BHUTAN』には 40,077 と表記されています。

個人的な推測ですが、昔インドの測量局が作った地図(数百枚に分割されていると聞くが、公表されていない)が始まりでは?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。