スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白オバケと黒オバケ

 岩屑に覆われた氷河での決壊洪水を考えてて,2008年のチベット,ロンボク氷河に行きついた.

 この時の調査,何も成果を出してないなぁ..と,後ろめたさを感じながら見てたら,結構いい写真がある.

 わかりにくいけど,奥の湖は濁ってて,右隅(左岸側下流)はちょっときれい.C大Tさんの言う黄色池と青池(だったっけ?),ってことか.南側に下る氷河と比べると氷河自体薄い.これくらいだと,ブータンのTshojo氷河みたいに池から地下に水が抜けて被圧してピューって出ることはあまりなさそう..
ronbuk_R.jpg左奥のピークがチョモランマ~.


 緑池の小さいのを近くで見るとこんな感じ.氷に載るデブリが薄いく1mも無い.奥が半年前に聖火が登ったチョモランマ北壁.そして,写真右奥には白いオバケのようなアイスピナクル.
DSCN1706_R.jpg

 そのオバケを上から見るとこんな感じ.見ている方角が違うけど..融け消える前の一瞬を見ているわけか.
DSCN1778_R.jpg

 そして,少し下った斜面には土砂でできたピナクルもあった.なんだか白オバケと対照的.こちらはラテラルモレーンのうち浸食から残った一瞬を見ているわけだ.結構コンパクトにしまってて,手ではなかなか崩れない.暗闇でみたら黒オバケだな.
DSCN1882_R.jpg

 いわゆる土柱.これなんか教育テレビでやってるカペリートみたい.
DSCN1796_R.jpg

 アメリカのカスケードで火砕流堆積物でできたこんなピナクルズをみたなぁ..なんて場所だったけか.
関連記事

tag : エベレスト ロンボク氷河 氷河上湖 スープラグレイシャルレイク チベット ピナクル

コメント

非公開コメント

No title

うわー、すっげぇ。きれい。行ってみたくなりますが、こういうところまで行くのはかなりの難路なのでしょうね。ネリ子にも見せてあげたい。ところでなぜ上半身裸??

No title

いや,この場合は意外に簡単です.
ラサまで飛行機で飛んで,ランクルで1日ゆられて,徒歩で二日.

ただ,ラサからずーっと標高4,5千mなんで,ハァハァしちゃいますけど..

ネリちゃんには厳しいかなぁ.

裸のポーズはかれこれ15年やってるお決まりのポーズなんで.
本来は「地球を調べに行こう」ってコメントつきなんです.
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。