スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブータンの地下水利用へ

Kumちゃんが帰った.怒涛の3週間をすごして.
今頃日本かな?おつかれやま.群馬の猛暑に気をつけてね.

しっかし彼の集中力はすごかった..仕事にもそれ以外の時間も.
あれは彼のお師匠さんの影響か?とにかく見習わないと.

写真はパロの南.廃墟と田んぼと道端の店.
DSCN3088r.jpg
写真中央のKumちゃん,ちょろっと止まった隙にパロのアマに声をかけてた.
隅に置けない男だ.



 さて,いまは雨季(モンスーン)の後半.山からひいてる水道水はタンクにたまったあと我が家に供給されるが,ここのところずーっと濁りっぱなし.
DSCN3084r.jpg
これは昨日の朝の風呂の状態.写真じゃよくわからないなぁ..風呂桶とでかい給湯(ギザ)があるだけ恵まれてるね

 こういった山からの表流水,家や農地によっては,10km以上パイプを引いて持ってきていることもある.
 このブータン,国の南と北で降水量が多く,その中間は意外に乾燥している.そこではモンスーンに集中して雨が降るがその量は1000mmいかないのだ.

 そして,水が豊富なようで,そうでない場所も多く,きちっとした管理もほとんどされていない.
 山から引いてたホースがいつの間にか勝手に分岐されてて,他の家に引かれてた,なんてこともあるらしい.

 もちろん水利権や水に関する法律も無い.

 いっぽう,主な町のほとんどは扇状地か河岸段丘に位置する.森林は一応管理されている.地下水は豊富なはずである.
 この資源を使わない手は無いはずだ.しかし,その地下水利用の知識も意識も低い.

 王様のオファーがウソではなかったら(ウソじゃないってば),この機会をうまく発展させて,地下水資源の利活用を全国的にアピール,なんて話しにできたら面白いだろう.
 パレスの調査,こうなったら報道を呼んでニュースにしてもらいますかね.
関連記事

tag : 地下水 モンスーン

コメント

非公開コメント

No title

kom様 今日大学にいきましたが、あまりの暑さでやる気を失いました。すでにブータンの生活が遠い記憶になりつつあります。ほそぼそと片づけやらをしました。明日は、卒論生のフィールドへいきます。パソコンに向かう気力もわきませんので、まあドライブがてら露頭を探します。

No title

 暑い国のKumさま

 uとoの一文字違いですね!

 露頭,いいのありました?ティンプー界隈ももう少し時間を見つけて調査してみたいです.
 DGM近くの露頭の埋没土壌はゲットしました.年代,測れるといいなー
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。