スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっちもだめ,こっちもだめ

 午前中,今回の山の調査を引っ張ってくれるトレッキングエージェントのチミ君から電話が入った。

 ぬぁんと,予定していたルートの橋が流されちゃって通行できないとのこと。

 おぃおぃ。今頃になって何を言うとんねん。

 馬やヤクが集められなくて,泣き言いってきたんじゃないのぉ?と疑って,現地のお役人,Gapへ再度問い合わせてもらった。

 結果,正しくは「行程5日目に渡るはずの本流にかかる橋が,去年のサイクロン以降グラグラ橋になってて,ついに最近では人しか渡れなくなった」との情報が,最近山から下りてきた地元民から通報されたとのこと。

 ほほぉ。。「人しか渡れない」って? 
 それならヤクだって気合で渡れば何とかなるんじぁ! と言いたい。

 でも,5日かけて行って「ありゃ,やっぱだめぽ..」では済まされない。しかもGapの忠告を無視してその後何かあったらプロジェクト自体が危うくなる。

 なんとか現地にいって,どれくらいグラグラ橋なのか事前に確認したいところだけど,行くには往復10日。今からじゃム~リ~,である。

 仕方なく,西のガサから入るプランを作り,「うぅむ。これならルート変更のダメージも最小限。アニマルの手配もOKね」と,納得の新プランを調査メンバーとチミ君に知らせる。

 そして夕方,チミ君から電話。
 「Sir,こっちのルートも本流で橋が流されたサー


 
 思わず「....はぁ?」である。

 さて困った。
 ま,ブータンじゃ珍しいことじゃないけどね。
 とは言えどうも納得いかない。こりゃまた現地に確認せねば。

 ってことで,一緒に困りつついつも通りに定時で帰ろうとするプンツォをつかまえ,地元に電話をしてもらう。

 結果,地元の役人は定時で帰っているので連絡付かず。定時,もしくは定時前帰宅はこっちじゃ常識なんで

 なんとか連絡のついた地元の商店のおっさんいわく「流された橋は本流ではなくて支流」とのこと。
 そして「近々なおるっぺ」とのこと。

 この「なおるっぺ」はどこまで信用できるっぺか?

 今日またGapに問い合わせねば。。。

 ドキドキだね,この続き。(って他人事じゃねぇっぺよ!)
 ま,とにかく続編を乞うご期待。
関連記事

tag : ブータン 氷河湖調査 流失 現地調査 トレッキング

コメント

非公開コメント

No title

人間は通れてもヤクは通れない。
だって、ヤクの方が思い。本体だけでなく、荷物も持たせるんでしょ?
・・・てことじゃ?

No title

kumaです。今Komさん一家をホテルで待っています。氷河湖への道は、まさにドラクエの世界ですね。うまくいったかと思うと、また再び新たな敵が出てくる感じで。でも下であれこれ考えているよりも行ってみると意外とうまくいくことが多いですよね。応援しております。

No title

すぅぱぁさん

 あ,そういうことだったんすね.
 気合じゃどうにもならない,ってことも世の中にはたーくさんあるって,ことだ.フムフム.

kumaさん
 おつです.
 おぃ,ドラクエかい!ボスキャラには会いたくないなぁ..

 今日,ブータン人にケセラセラ,って言葉を教えたよ.

No title

「思い」じゃなくて、「重い」だったorz

けど、スルーされたからいいとしようw
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。