スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも雨季が来た?

庭の緑がずいぶんしげった.
IMGP6327r.jpg
今朝は青空と白い雲もきれい.だけど,こんな朝は最近少ない.

実際雨がそれほど降るわけではないんだけど,どうも天気がすっきりしない日が多いのだ.
山のほうはこんな感じ.
IMGP6350r.jpg
自転車で出勤する決意もつかない.

ブータン人やこちらに長い日本人に聞くと,この天気は普通じゃなそうだ.
「6月だよこれは」と言う.

インド気象局IMDの水蒸気の画像を見ていると,ここ最近はヒマラヤにそって西から水蒸気が流れてきているようだ.そして,ブータン南部やシロン高原あたりで,ボワっと雲がわいて,そのあたりじゃ結構な雨になってるみたい.

ヒマラヤの西にはアラビア海の西を時計回りに上がってきた水蒸気が吹き込んでいるように見える.
SA_g3hw20r.jpg
そして,ティンプーあたりでも時々パラパラと.
これって南西モンスーンのはしり?1ヶ月くらい早いんじゃないか?実際のところどうなんだろうか..

このIMDのシーケンスの画像と高層気象天気図が,今年の氷河域調査では大事な気象情報のソースになる予定.

去年は天気が現地でわからず,麓の大雨(10月としては記録的)が大雪となって,さんざんな目にあった.そんな中,少しでも情報があるとましな行動を図れるし,気持ち的にも助かる.

そうそう,4月に予定していたチャムカール川源流の氷河・氷河湖調査はブータン側の都合で中止.ありゃりゃ..

予算も資材も現地側の努力で計画が進められ(これて,立場的にすごく嬉しい!),しかも早めのプレモンスーンの調査,ということで時間的にもお得な(でも現地は寒さが厳しい)計画だっただけに,それが中止ってのは結構ショック.

ま,気を取り直して,その先の盛りだくさんな計画をはやく練らないとね.
関連記事

tag : 雨季 インド気象局 南西モンスーン ヒマラヤ アラビア海

コメント

非公開コメント

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。