スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の学校

今日のニュースは,,ま,あまり書けないので,5月上旬のリンシ(ソエィ)地方の話.
そこにあった学校の事を書こう(と言っても他に出す予定の原稿の下書きの使い回し).

 ソイ地方は,ブータンの北西部の山岳集落群である.

 Paro川の源流域のJangthang川の右岸,北緯27.75°,東経89.30°から北緯27.787°,東経89.348°,標高4150~3920mの間に点在する集落群である.

 流域はParo川に含まれるが,行政区はティンプーゾンカク(ゾンは県のレベル)に含まれる.
 上流からJangotang,Dangothang, Dotabithang, Tikitang, Dozuden およびJomphuという,全部で27家族の家で集落が構成されている.

 この地区の中心はDangothang.Basic Health Unitと学校がある.
05.jpg
 Jangothangから北西にあるNyile La(Laは峠の意味.北緯27.809°,東経89.388°4860m).
04.jpg
それを超えると半日で山の中の小さな城,リンシ・ゾンに至る.
にゃれら峠の南側のガレ場にオンドトリを設置したので,できたら来年回収しにいかないといけない.


西側の尾根から遠望したリンシゾン.
13a.jpg
ほんと,山お~くのお城である.これ,晴れていたら最高だろうな..

 ホント,「ぽつーん」という言葉が似合うゾン.

 ダンゴタンでは,今年初めの大風で学校の屋根が飛ばされた.
08.jpg
 そのため,今はBHUの一室をかりて授業をしている.

 そのBHUも屋根が一部飛ばされているんだけど!.
09.jpg
 屋根は地面にアンカーをとって針金で固定されていた.それでもダメなときは飛ばされるらしい.
この国は屋根が軽い分,地震には有利だが,強風にはまったく抵抗できていない.


 部屋の隅にある分娩台が,教室がもともとは地区の診療所だったことを物語っている(写真10).
10.jpg
 このおかげで自ずと,保健体育の教育ができたりして.

 時間割は曜日に関係なく(写真11),1時間目9~10時「英語」,2時間目10~11時「ゾンカ」,3時間目11~12時「算数」,4時間目13~14時「環境教育」(写真12).
11.jpg
環境教育は日本でいう生活科といった感じ.その時に「ゴミを捨てちゃダメ!」ってことは習うのに,道端のゴミは減らない..お昼を食べた後の眠い時間に難しい算数とかじゃなくていいかもしれない.


 ここの学校は2009年に開校した.先生はチェン・ドルジ先生1人.生徒は15名.Class PP:6歳の2名,Class 1:7歳3名,Class 2:7歳1名,8歳4名,9歳3名,14歳1名,16歳1名.という構成.
06.jpg


 下の村まで2日かかるこの地区で,学校の開校は2003年ころから計画されていた.待ちわびて入学した子供の中には,既に10歳を過ぎた子もいた.そのため,同一学年内の年齢もまちまちなのだ.

 もちろんこの子たちの他にも就学年齢の子供がいるが,いまさら低学年から始めるのは恥ずかしい,ということで学校に来ない子もいる.Class 2の14歳と16歳の子はそれでも勉強したいということで来ているらしい.


 制服は無い.教材は学校に置いて良いことになっているらしく,みな手ぶらで登校していた.
07.jpg

 集合写真,これは何としてでも印刷して,学校に送ってあげないといけない..どこかのGoちゃんみたいに,まめにならないといかんわ.
スポンサーサイト

tag : リンシ 学校 山岳集落 ブータン 環境教育

ジャガイモ

ティンプーのガソリンスタンドでは,給油後に店員がキャップを閉めてくれない.

それを忘れて走りだして,キャップを紛失.

道路に車を停めてキャップを探してたら警官が来た.
地方へ行くタクシー乗り場の前だったので人だかりも.

事情を説明したら,

警官が「そうか..じゃぁ何かで代わりにぃ..あ,ケワ(ジャガイモ)かニンジンがいいよ」だって.

ということで,いまの僕の車のガソリンタンクのふたはジャガイモ.


20110627084r.jpg

畏敬の念はあるのか

 東日本震災の後,津波をもたらした海に対して「自然が憎い」「狂っている」と歌う歌手を見つけた.

 彼なりの表現スタイルなのだろうし,現代社会という短い歴史で見るとこの災害は異常なことに見えるかもしれない.

 しかし,まぁいちおうは自然科学を専門としてて,かつ残念なことに単純な思考しか持ち合わさない筆者には,この歌詞からは勘違いと人間の傲慢,特に後者が見え隠れして,歌詞への苛立ちだけを感じた.

 被災者,被災地への励ましはいいのだけれど..国難という時に(乗じて,かどうかは知らないが),なんかこう「この国,ばんざぁ~い」みたいになるのが安直で,かつ怖い.

 そして,日本のメディアはこの歌を復興への糧と判断したのか,当然のように世間へ流した.
 たとえばAsahi.comも,特にツッコんだコメントもなく,ただ流した.ふぅ...自称音楽家,まぁこれはいいとして,アホなメディアが情けない.
 長淵さん,昔は良かったのに...

 ブータンの人を見ていると若い人も含め,自然に対する畏敬の念を強く持っていることに気付く.

 山の頂や峠,岩,森,湧水などを神聖なる場所と信じ,1994年に氷河湖決壊洪水を起こした氷河湖にも,2009年の大地震にも,狂っているなどと毒を吐くことは決して無い.

 我々の行っている氷河湖の現地調査では,一度「ここは特に神聖な湖だ」となると,水面に手をつけることさえ忌み嫌い,調査の必要性を説明してもそれ以上前に進めなくなる.

 氷河直近の湖で融氷水によって濁っている場合は,彼らの基準に従うとそれほど神聖ではないらしいが,そんな氷河湖にボートを浮かべる時でも,まずは周囲の灌木を伐採してきて煙を焚く.

 チベット仏教圏でよく見る祈りの儀式,プジャである
IMGP7096r.jpg IMGP7141r.jpg

 なぜか,可憐な植物を切る,という矛盾は気にしない.
 その時の真面目な,自然に対して一歩引いた態度と,日頃山の中でゴミをポイポイ捨てる癖が,同じ彼らのものである事を時に信じられなくなる.
-----------
 と,書いてみたが,この前の山の調査では,誰が言ったわけでも,もちろんこちらがゴミの話をしたわけでもなく,自然に彼らがゴミを拾いだした.

 で,下山途中の1,2時間で集まったのがこのゴミ.
IMGP7378r.jpg
途中でゴミ袋が足りなくなり,ザックカバーも登場.

 おまけ画像.
 流されるぷんつぉ.泡立つじろう
DSCN3768r.jpg DSCN3764r.jpg

tag : プジャ 自然災害

人と出会う

今日の記事はただの日記になりそう.
昨日,一昨日と雑用(と言っても大事な作業)で終わったけど,食事が楽しかった.

一昨日,昼はヌキ.でも夜,新しくブータンに到着した隊員さんを囲んだ食事会に飛び入りさせてもらった.
(アサさん,感謝です!)

フレッシュである.当然歳はまちまちだけど.
これからの2年間,怪我・病気に気を付けてご活躍を!そして2年後,相手はもちろん,自分の中にも何かを残し,新しいビジョンを持って任期を終えることを期待したい.

で,昨日の昼.職場のTashiと初めて一緒に食べた.産業省に食堂があったことを今まで知らなかった.普通のブータン料理.悪くない.
ダル,干し牛肉と青トウガラシのスープ,山盛りごはん,で50Nu.ごちそうになっちゃった.

Tashiは真面目そうな四角いメガネをしてるけど,性格もまじめ.
これからいろいろちょっかいを出してみようと思う.

で,夜.ミッドポイントで仕事をしながらサッカー代表監督の松さんを待ち伏せ.7時を過ぎても来ない(行き違いだった!)のでアンビエントカフェへ珈琲を飲みに行く.

そこでは3人の日本人,1人とアメリカ人と会う.
いろんな人と出会う,これっていいね.これから良い付き合いになると嬉しい.


その前,カフェのマスターのLhetoから雑談で教わったサイト.
Thimphutech.com

そこにあった,ブータンのネットが世界で一番遅ぇ
DLの速さは世界で下から3位
ULの速さは最下位.すごい!

「今の早さで十分だよな」と言うと,Lhetoは「いや,やだ」って不服そうだった.

どの世界も求めればキリがないなぁ.

ついでに人口が最も多い都市,ということでLhetoからTokyoという町を紹介してもらった.

"largest cities in the world"で検索すると,ここが出た.
Largest Cities of the World

3200万人....東京圏,の人口だけど,それでもダントツ...

その後,GoogleEarthでティンプーやLhetoの実家を見た後,Tokyoに移ったら,,,
建物で埋まる画面に,,二人で言葉を失った.

べつにこれは,一位じゃなくてもいいです,そ思った.

ティンプーのゴミ問題

先週,Kさんの案内でティンプーのゴミの墓場,メメラカ処分場に行ってきた.
すごくいいものを見せて,心から感謝.

ちょっとだけ写真があるので,現在の処分場問題について整理しておく.

整理の前に,強調文字でちょっと一言.
メメラカ処分場を観光ツアーのコースに入れてみません?
5分でもいいからドチュラ峠からの帰りに立ち寄ってほしい.

幸せぇ~なブータン,美しいヒマラヤ,という印象だけを得てツアーを終わる前に.
この国だって,複雑な問題がを抱え,日なたと影があることを知るには貴重なフィールドである.
(当然,処分場の中に入るにはそれなりの許可が必要)


メメラカ処分場は谷を埋め立てている.Google Earthで見るとよーくわかる.
だいたいこのへん.27.442500, 89.693800
シムトカのマニ車の交差点からドチュラ峠側へ4km地点.

ティンプーと国の東を結ぶ国道からはすぐ.
IMGP7875r.jpg
写真だと見にくいけど,国道から覗き見ると,沢の奥にゴミがせりあがってるのがわかる.

処分場の中はこんな感じ.幅100m,奥行き100mちょい.
IMGP7862r.jpg
北西から下ってきた沢が北と南に分かれる(写真の右と左.注:魚眼で撮ってるので歪んでる.こういう時は面倒くさがらずに普通のレンズでとらないとダメね).それらの下は国道に続く.

南側の谷を南から見たところ.傾斜45~40度の斜面ができてる.現在,小段を切って緩くしてるとこ.
IMGP7839r.jpg
工事によってゴミ斜面の末端は崩れ,もともとあった石垣がうもれてしまってる.この部分の再整形と石垣の修理,国道脇の擁壁の設置,が当面の課題だろう.

左奥に見える青い車は日本の自治体から寄付された中古の収集車.
ブータンにおける中古ゴミ収集車供与計画
横須賀市からの寄付(これは,前SVのTさんのご尽力による)


そのゴミの斜面に立つとこんな感じ.悪臭がきつい.現地で働いている人には申し訳ないが,マスクなしでは過ごせなかった.
IMGP7831r.jpg
ティンプーには,現在ご担当のKさんやその前のTさん,さらにその前の,,,とゴミ処理の専門家が長年派遣されている.収集車の寄贈とあわせて,息の長い援助が続いている.

重機のレンタル代が高い,というのが大きな悩みの一つだそうだ.アイディアがあっても重機を使い続けることも,簡単な対策工もできない.

ゴミは,生ごみ,プラ,紙,衣類,なんでもかんでも一緒くた.これは牛の骨?.
IMGP7834r.jpg
足元はゴミの発酵による熱で温かい.雨が降ると湯気があがるそうだ.
写真手前の靴は,おいらの現役の靴.写真で見るとゴミにみえてショック.

現場には近くから雇われたレィバーが10人ほどいた.
IMGP7857r.jpg
プラ,アルミ,紙といった資源ごみの分別をここでやっている.酷い作業環境.
だけど,何人かは寝転がり,おしゃべりと携帯のSMS.ブータンでよく見る光景.日当は1日200円.

分類されたペットボトル,アルミ,ガラスゴミ.
IMGP7845r.jpg IMGP7855r.jpg


生ごみはそこに縄張りを得た犬の集団と牛たちが分別して,食べる.
IMGP7848r.jpg
その関係は犬猿の仲ならぬ,犬牛の仲でお互いに譲らず.これも南アジアでよく見る光景.
谷底は犬の鳴き声と重機の音が響いていた.
左はしに写ってる収集車はたぶんインド製.


 最後に,ゴミ処理については全くの素人,だけど,処理場の今後について分かる範囲で行かにコメント.

 周辺の地形から考えて,ここは北側の斜面からの地すべりでできた地形の上部に位置する.処分場自体は北西の沢から押し出された土石流堆積物とすぐ近くの斜面(地すべりの滑落崖)からの崖錐堆積物に載っている.

 この地すべり自体はすぐに動くようなものではないが,新たにゴミでできた斜面については前述のような再整形と今後の管理が必要.

特に,,,
 1)せめて簡易な測量(現地および空中写真)作業が必要.旧地形と現在の処理場のマップができれば,過去のゴミの発生実績も,現在のゴミの搬入状況も推算できる.
 その数字は今後の処理場計画にも必要だろうし,ゴミ斜面の安定性の検討には不可欠.

 2)この地区の水収支を明らかにする必要がある.どこからどれだけ入って,どれだけ出てるか.流入する沢水の処理計画のためにも.
 上からの沢水を処分場の範囲だけバイパスするのもそれほど難しくないだろう.できたら水質調査も.


 とにかく,在留邦人も旅行者も,そもそもティンプー市民も,一度見に行くべき現場である.

 ご案内いただいたKさん,ありがとうございました.

tag : ゴミ 都市化 埋立て ブータン ティンプー

最後の?アスパラーメン

今日は午前中,C/Pの本邦研修の職場での報告会.
タケシ似のギャレさんと若手のJamyが頑張ってくれて,盛況に終わった.研修当時から通じて,彼らの頑張りには心から感謝かんしゃ.

で,報告会はなんとか乗り切ったけれど,悪寒と脂汗が止まらないので午後一で早退.

夕方まで寝て,ちょいと復活.でもどうも食欲が無い.

あるTwitterに,お腹に食べ物入れて薬飲んだ方がいいよ,みたいに偉そうに書いたのに,自分のこととなるとどうもねぇ..

みたいなことをSkypeでKazさん言うと,ちゃんと食わなきゃダメ!とたしなめらる.

そして,仕方なくラーメンを作った.麺は秘蔵のチャルメラ.
具は,アスパラ,タマネギ,キャベツ.最近のアスパラはさすがに筋っぽいけど炒めてしまえばいける.
DSCN3787r.jpg
こっちのタマネギは小さい.日本のが異常に見える.
しっかし,小さいのは外の皮が剥きにくいのできらい.味は,無駄に辛くなくておいしい.

奥はこっちで手に入るサンマの缶詰.タイ産.これもけっこういける.
Kazさんがダイコンと一緒に煮てつくったやつは,ブリ大根を彷彿とさせる...

最近ブリ大根食べてないからそういうことが言えるんだろうけど...



野菜を適当に切って炒めて,麺に載せる作戦.
フライパンでガラガラと揺らすと細かいのが下に落ちて,大きいのが上に浮くことがわかった.
DSCN3789r.jpg
これって,フルイ効果だね.石礫型の火砕流みたい.
そうなると,大きく切ったキャベツに火が通らないんだ.うぅ..

奥のコンセントはインド製.すーぐ壊れる.


完成.
DSCN3790r.jpg
恐らく今季最後のアスパラ入りラーメン.

いただきまーす.

もう雨季?

ブータンに戻った.

今回は羽田を夜中発,バンコク即乗り換え,その日のうちにパロ着.
これがけっこう便利でしかも疲れない.夜中にバンコクのホテルを出て空港に行くっていう方がつかれるね.

さて,戻ってみるとこちらは肉なし月.そして初夏の雰囲気.

モンスーンの季節,雨季になったのだろうか.

とは言え,あまり雨らしい雨はない.
実際どうなんだろう?と気になってインド気象局のページに行ってみた.

いいのがあった.
mon-prog.jpg
モンスーンの北限マップ.
http://www.imd.gov.in/section/nhac/dynamic/Monsoon_frame.htm

この地図のモンスーンの範囲を雨季にある,とすれば,今週末あたりからブータンは雨季らしい天気になるんだろうか.平年より一週間ほど遅れて.

いくつかの観測点を北限フロントの線引きに使ってるようだけど,何のデータなんだろ?湿度?雲量?風向?


庭はあいかわらず花盛り.
家族と一緒に遊びたい~と思うのは自然だよね.
あ,その前に腹減った..

日本滞在あと2日

先月19日からC/Pを連れて,じつはいま日本出張中.

そいうことで,なんだかんだで手がふさがってたもんで久しぶりの更新.


地球系の学会を終え,東北行脚,で群馬巡検.うぅ..長かった~.

一緒に来ているブータン人はもっときついだろう..

起きた事件,見てきたこと,C/P二人との珍道中,とても簡単には書ききれないので,ちょっとだけ写真を.

IMGP7765r.jpg
さんそうけんの地質標本館.まさに彼らの専門分野なので盛り上がると思いきや,いまひとつ.
確かに,以前見たときの感動が案内した自分にも無かった.お金かけられないから仕方ないか...

気になったのが,修学旅行生の案内をされてる方の話.横でやっていたから聞き耳を立てて聞かせてもらったが,どうなんでしょ.とても面白くなかった.これで中学生は食いついてくるのかなぁ..

IMGP7427r.jpg
 Jyam君の学会での発表シーン.いつもアホ話しかしない彼が,こういうときはそれなりにしっかりとこなすからいつもびっくりさせられる.ここでの話は,G大の熊さんとやってるブータンの活断層の話.これからもがんばってほしい.


IMGP7803r.jpg
 今朝の巡検ポイントの鬼押し出し.天気がもってくれてとにかくよかった.今回の群馬巡検での一番の盛り上がりは夜のミーティング.そこでの議論,防災,アウトリーチ,活断層,温泉,環境と幅広い内容.日中の巡検と同時にこういう時の議論って大事だし,楽しいね.
 逆に巡検中にどうも本質的な食い付きが足りないのは,,物足りない,というかこっちの力不足か..


 ということで,上野に向かう電車の中からの投稿でした...
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。