スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人,餅に絵をかく

 夕方,治療するからおいで,と歯科医師のカルマさんから急な電話.

 慌てて予定を変えて病院へ.来週,再来週は山,その先は出張,と時間がなかったので助かった.でもなんで急に電話が来たのかはわかならい.

 いい先生だ.ちょっと丁寧すぎるくらいがまた嬉しい.


 その後,明るい時間に体が空いたのでまっさんを誘って久しぶりに外食.彼はいつも無口.

 でも今日は違った.お互いビール一缶で饒舌.楽しかった.
 で,その時に出た話.

 現在世界に散らばってる,そして過去に散らばってた隊員.彼ら,彼女らにしか書けない体験話や思いってのはたーくさんある,はず.

 その体験や思いのうち,あるメッセージについては日本に向けて今こそ本として書かれるべきではないか.そんな話である.

 そして,そのメッセージとは....





 「日本が普通じゃないんだじょ」  ってことである.

 生活の快適さ,食べ物の豊富さ,電気の使用量,新幹線の速さ,それらみんな異常だよ,ってことである.



 ここで「異常が悪い」と言うのは一先ず遠慮しておくが,それらがあることが当然,無ければ求めて当然,って考えはやっぱりおかしい


 ということで,任地でいかに不便に,物質的に質素に,停電・断水のある中で,ゆっくりと暮らしたのか.

 そんな話を,いろんな地域から,いろんな視線で,いろんな文章と写真で表現し,日本,ちょっと考え方かえてみない?世界のいちいんとして,と言った内容の冊子としてみない?
あ,もちろん必要な手順を踏みつつね. 


 一人4ページ書いたとして,50人集まれば200ページ.と,二人で餅に絵をかいてみた.



 繰り返すけど,そこでのメッセージは,

「日本は異常」

「今の便利さ快適さ,あって当然,無ければ求めて当然,って思うなよ」


ってなニュアンスである.

 どうかな,,賛同者,,いるかなぁ.. 
スポンサーサイト

竹の支えと自由な鉄筋

ティンプーは建設ラッシュ.町のど真ん中でも工事現場がちらほら.
至るところで基礎を掘るべく巨大な穴ぼこができてる.

掘り込まれた基礎の地層断面は扇状地礫層.年代試料でもあれば取って測ってみたいけどあまり良い露頭に出会ったことがない.ので,写真も載せない.

その工事,長い時には1年以上かけてビルができ上がる.
そして過酷な現場.作業員はサンダル,ノーヘル.

それはいいとして(いくないけど)これは今日見かけた現場.2階まで工事が進んでる.
20110421070r.jpg
竹の支えで各階の天井を仮設してる.これはある意味すごい技術だ.

さらに注目すべきは,,,鉄筋の長さ.  みんな自由だ.

いまどき街中の新築で2階建てどまりってビルは見ないので,おそらく最後は3階まで行くはず.
そう考えると,物によっては明らかに長さが足りない.


こんなんでいいのか?




今日のアスパラ丼.

20110421069r.jpg



藤はいまが盛り.

20110419067r.jpg

tag : 足場 鉄筋 ティンプー ブータン 建設ラッシュ アスパラガス フジ

どーも停滞中..

ダメだ.だらけてる.
今日Kさんに送ると言ったファイル,送らなかったし.原稿まだ送ってないし.

メールの返事書いてない人,バラバラといるし.

最近のブログの記事もえらくつまらない.



単身赴任だからかなぁ..時間があるのはいいけど.

夜,帰ってくると日本では娘は寝ちゃった時間だもんでスカイプしてもカミさんだけだし(あっ,カミさんと話すのも楽しんだけどね)


これじゃぁ,いかん!


どうすればいい?

気分転換だ.生活かえよう.明日から...


...どうしよう,何かかえてみよう.


走って職場に行ってみるか.

弁当作るか.

あ,弁当作ってみっかな.

アスパラ丼にしよう.アスパラ美味しい季節だからね.





今日,唯一良かったこと.

今度の氷河調査,手伝ってくれるエージェント,いい会社が見つかりそうってことくらいか.
楽しみになってきたぞぃ.

メモ,伝言代わりに今回の行程を以下に.

5/5 Paro -> Drugyel(2580) -> Shana(2850)
5/6 Shana -> Thangthangka (3610)
5/7 Thangthangka (walk around for acclimatization)
5/8 Jangothang (4080)
5/9 Jangothang survey for glacier and lakes
5/10 Lingshi (4010)
5/11 Lingshi survey for glacier and lakes
5/12 rest day
5/13 Shodu (3750)
5/14 Barshong (3720)
5/15 Dolam Kensho (3290)
5/16 Thimphu

Kubさんのツアーと道中で会うかもね.

ブータンへの旅行者の件

 先に,日本からブータンへの旅行のキャンセルが多数,との話,まだうらが取れてませんが,大事な話なので,ちょっと書きます.

 旅行関係の方の話だと,まずそれは有りえない,とのこと.少なくとも300と数字がありえない.と.

 今から,ブータン人の旅行社に用事があって行くので,そこでも裏を取ってきます.

 とにかく,前の情報は間違いでした.すみません.(ということで,前の記事は取り消し線で取り消します.

また詳しいことわかったらアップします.

川崎でのごみ処理苦情問題についてコメント

 このニュースを聞いて,福島に住む友達や過去に現場作業でお世話になった相馬の民宿のおばさんの顔が頭に浮かんだ.私は日本にいる時は川崎市民である.このニュースを知った彼らを前にしたら,自分はどうしただろう.

 まずは一市民として彼らに謝る以外何もない.そして次に,このニュースを重たく受け止める必要がある.

 一日でも早く福島のごみ処理の助けを川崎市が提案通り進められるように,またこんな顔から火が出るほどに恥ずかしい問題が二度と起きないように,この苦情について少し考えたい.


 こういった問題では,どこの誰が苦情を言ったのか,を知りたくなり話題にしたくなる.

 現在の原発事故では犯人捜しは問題解決の本質ではないと言う人がいるが,特に将来にむけた正しい方向転換を構想する上で,元凶となった人たちとその構図を明らかにするのは必要である.

 今回のごみ処理苦情問題でも,誰がなぜ,と考えるのは自然であると私は思う.しかし,それを唱えた数十名をここで知ることは当然できない.

 「薄情者」という言葉の響きが薄情でかつ望みが持てない言葉だと思うので,ここでは「不理解者」とする.その不理解者は一市民なので,今後名前が出てくることはまずありえないだろう.

 そこで,ここでは極端に言えば,市民誰もが苦情をいった不理解者(の可能性がある),とするしかない.したがって,市民誰もが福島の被災地へ謝罪するのは当然だが,それと同時にこの問題の解決について一人一人が考え,行動を起こす必要がある.

 それでは苦情が出てしまった背景はなにか.

 それは,放射能汚染への過度な恐怖心が助長した自己中心的考え,と私は思う.自己中,これは川崎市民が特にそうというわけではない,と信じたい.誰でも多少なりとも持っている.もちろんブータン人でも驚くほど自己中な時がある.

 となると,それを助長した恐怖心を煽った放射能汚染について,市民が正しい情報を持っていないのが問題の一つと考えられる.


 簡単だが以上から,ごみ受け入れに向けて,今後どうすればいいのかまとめる.

 第一に,国や市が今よりもいっそう正しい情報提供に努力する必要があろう.そして,市民はそれを収集すればいいのである.

 そして,川崎市民全員が思いもかけず不理解者と言われても不思議でない状況の今,市民は他の国民よりも情報収集と事の理解にはより一層の努力を示す必要があろう.

 今回被災地から持ち込む予定のゴミは放射線で汚染されたごみではない.普通に人が住んでいた場所のゴミである.安全なはずである.申し訳ないが「はずである」以上はここでは書けない.放射線について素人の自分がここで絶対的な判断を述べるのは不適切である.しかし,それを判断するための情報の一端は,不十分かつ偏ってはいるが(これも大問題だが!)すでに入手可能である.

 これらをもとに,市が被災地に対して提案していることについて,市民一人一人が改めて理解を試みる必要がある.

 以上,当然のことをだらだらと書いた.

 万が一この文を目にしたところで,またどんなに情報収集に努力したところで,市の提案に納得がいかない不理解者もいるかもしれない.その人にはこう言いたい.「もしあなたが逆の立場で先方に同じことを言われたらどうなの?」.

 これは友達とおもちゃの共有ができない時の4歳の娘に問う言葉とそっくりである.自慢ではないが彼女は考えた後,それを理解してくれる.そして,またすぐに取り合いをするのは4歳だから,ということで今のところは許している.

日本人キャンセル300人

掲題のまま.

そう,日本からブータンへの旅行者が,300人キャンセルした,とのこと.
しかも旅行業界全体,ではなくて,一社だけで.

今日,かわりばんこに地元の旅行会社数社と会ったのだが,その中での話.

さ,さんびゃく,って.この情報ももう一回どこかで裏を取るべきだろうけど.
こんなところにも今回の災害の影響が出ているとは.

もし本当ならば,その会社は日本人観光客に特化した会社だったのだろう.

(取り消し線は2011年4月19日に加筆しました.ブータンにすむ旅行関係者から「違う」というご指摘を受けました.19日現在,他からの情報を確認中です.)

tag : 地震 津波 原発事故 複合災害 キャンセル 自粛

携帯電話で募金

東日本大震災への,ブータンでの募金の続き.

この国では,よく携帯のSMSで公共の情報が流れてくることがある.

たとえば前には,鶏インフルエンザの注意喚起があった.

そして,数日前,日本への募金を呼びかけるSMSが来た.その後にはクニモ,タミキが頑張ったチャリティイベントも宣伝してくれた.

その募金の呼びかけは以下のとおり.
---------
For Japan earthquake relief, dial 5010 to contribute Nu. 10, dial 5550 for Nu.50, dial 5100 for Nu.100 & 5005 for Nu.500. Thank you for support.
---------

で,どれかの番号にかけると,自動的にそれなりのドネーションが携帯通話料の残金から引き落とされる.さくっと.ホントにいいの?という確認メッセージもなく..

みんなに聞くと,けっこうやってくれたみたい.感謝感激,そしてちょっと恐縮.

C/Pのカルマはためしにかけてみたら速攻でお金を引き落とされて,実はちょっとショック,だそうな..
ホントありがとうねぇ..

tag : 募金 東日本大震災 ブータン ブータンテレコム SMS

ティンプーでの募金

さて,日本での災害について,ブータンで反響を収集し,応援メッセージとともに,ということで.

今日,ブータン人と災害関連の話をしていて一番びっくりしたことは,小学生の募金である.

ご飯を作りにきてくれているソナムさんと朝話をしたときだった.

-------
そ「子供ももちろん日本の災害について知ってるよ.この前募金もした.一人最低50ヌルだったの」

じろ「最低?って,全員募金?強制?」

そ「そう.下の子は100払った」

じろ「強制って,募金じゃないよ.申し訳ないよ.お小遣いから?」

そ「子供にはお小遣い持たせないから,その日は特別に持たせたのよ」

 100ヌル,日本円に換算すると180円.これって,地方での軽作業の人夫さんの日当とだいたい同じ.近所のモモ屋さんでランチを食べるなら二人で食べておつりがくる値段.

 うちの職場のバイトさんが一日200ヌル.ブータンの物価で考えると100ヌルってそれなりの金額だ.

 とのこと.この学校の他の人に会えなかったので,ホントかウソか確認できなかったが,職場のC/Pに聞くと,「それって募金じゃないね」と言いながら「でもそういうことは十分あり得る」とのこと.

募金活動,災害支援,というものに馴染みのない国だからそうなったのかもしれない.

でも,やらせた先生としても,強制のつもりは無かった,と思いたい.

 善い業を重ねることで良い来世がある,という輪廻転生の考えが根本にあるので,募金というものが目の前にくると,やって当然,という雰囲気になるのかも.

 職場の用務員一家の10歳の男の子はこことは違う学校に通う.彼も20ヌルを募金したらしい.やっぱり全員が募金したとのこと.

 これを聞いたときは「ほんとに!?ありがとうね.ほんとありがと」しか言えなかった.



 「祈祷」というこの国らしい日本への精神的な哀悼と支援のほかに,「募金」という形でみんなが日本を心配し,応援している.すべては日頃の感謝から,だと言う.



 そして,これからの日本が災害にどう対応し,どう立ち直るか,子供の目も注目していることは確かだ.




 それが何よ!原発からの汚染水を海に投棄するのに,地元や近隣諸国には無断で,アメリカにはその3日前に相談してたんだって!?あまりにもおかしかないか!?そもそも,,,


 おっと.書くべきことから路線がずれ始めた.
 ということで,今日はここまで.

tag : 東日本大震災 寄付 募金 ドネーション ティンプー 原発 海洋投棄

ゴツウタツ

以下の通達が世界に流れたらしい.
ネットで拾ってしまった.

ってことはだ,ブータンのアスパラガス,オイシイ,なんて書かない方がいいんだな.

この国での反響を収集して,自身の応援メッセージとともに書くようにしよう.うん,そうしよう.

------------
「ボランティア各位

 平成23年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震災害により、日本国内の広範囲にわたり甚大な被害が出ており、避難所生活の長期化、電力不足による企業活動への影響も深刻化しています。

加えて、福島第一原子力発電所の状態も依然予断を許さない状況が続いています。

このような状況の中、日本国内のODAに対する感情は大変厳しく、海外でボランティア活動をしている場合ではない、開発途上国への支援に税金を使っている状況ではないというクレームも寄せられております。

このような一般市民の感覚を踏まえ、平成23年4月1日より開始を予定していた春募集についても、現在延期の措置を講じております。
 
かかる状況下、ブログについても当面の間 任国の方々の地震災害にかかる反響や応援メッセージを積極的に収集し、執筆者自身の地震災害にかかるお見舞いのメッセージとともに公開可とする。
 
純粋な「活動報告」や「文化・生活習慣紹介」のような新規ブログ記事の公開を見合わせる。


 日本国内での状況を正しく理解し、国民感情を逆なでするような内容・写真等の公開は厳に慎むように、徹底願います。

 上記対応を見直す時期については、別途改めて連絡します。」

ブータンの春

どうも体調がよろしくない.
今日も寒気と頭痛で午後からダウン.なんともおかしぃ..

さて,ここのところ地震,原発事故の話が続いた.でもたまには,本来書くべきブータン話を書かなければね.

ただ,その前に福島県須賀川の藤沼ダムの決壊の続報.
今日日中,梅さんと連絡がついた.忙しいのにご対応感謝,感謝.その話から,昨日の記事の一点だけ修正.

昨日,仮に1/3が逸水と書いたが,実際にはダムからは全水量が逸水したとのこと.管理センター従業員が決壊直後「水が一滴も残っていなくなり」と言ってるし.ということは,150万立米の水が出たってことになる.

これは何ということが起きてしまったのか!!これだけ酷い人口湖の決壊の事故は日本では初めてではないかな?
農政局はきっちりと調査をしてるのだろうか.早く情報が出てきてほしい.

--------
さて,ティンプーも春たけなわである.ちょっとたけなわ,を過ぎたかもしれない.
桃,グゥバの花が終わった.今はフジの花がちょうどいい時期.ふぅ~って気分にさせるほどきれいだ.

そう書いたからには写真をアップしないとね.


そして,野菜.
ハウス野菜が無いブータンでは季節に沿った野菜だけ手に入る.

いまはアスパラ.日本よりも安くて,立派で,おいしいブータンの野菜の代表格.
立派な太さで20本くらいで100円ちょっとってところか.やっすい!

今夜は体調を戻すためにたくさん食べよう,ってことでチンして茹でて,ペロッと食べてしまった.
チンで行けるよ,というのはYさんのおすすめ.で塩だけで食べてみた.これがまた美味い.うなるほどに美味い.

次に,ゼンマイ.これもブータンを代表する春野菜のメジャー選手.
ソナムさんにナケダチを作ってもらって食べた.

ナケがこっちの言葉で,ゼンマイの意味.ダチがチーズ煮.ゼンマイのチーズに込みである.

でも,チーズが濃すぎて,味もしょっぱいので今回は一口食べておしまい.でも野菜を食べたーと言う気分にさせてくれた.

さて,沢山たべて体調戻さないと.

藤沼調整池の決壊

須賀川の藤沼ダムの決壊,いままでなかなか情報が出てこなかったが,JAXAのページでALOSのAVNIR2の画像が出た.
陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東日本大震災の緊急観測結果(23)

 RESの山さんとか最近音沙汰無いからこういった作業で忙しいのかな?PRISM画像はないのかな?丘陵からでて流域の南側をあふれ出たように見える.



 さらに,身近な人が現地調査されてた.
須賀川市長沼周辺調査(速報)日大工学部梅村さんの調査
住民による当時の映像があるらしいけど,どんなんだったんだろうか.

 さらに,須賀川市行政管理課情報推進係による調査.


 AVENIR2の画像を見ると水は全部は逸水してなさそう.ただ,仮に1/3が逸水したとしても藤沼湖.貯水量150万立米.ブータンのTsojo氷河2009年の決壊洪水とだいたい同じ量.あっちはかなりの時間をかけて流れ出たけど..それが裏山から一気に出てきた,と考えると恐ろしい.むごい.

tag : 須賀川 藤沼ダム 藤沼湖 決壊 堤体

ブータン人から見た日本の夜景

昨晩は英語の添削を受けに,隣の大家宅へ.ついでに夕食もごちそうになった.

奥さんはアメリカ育ちでネイティブ―な英語を使う.だもんで,見てもらったが,旦那が結構見てくれて,,,結構こねくり回された.言い回しがこなれた英語になったが,結構本題から連れてしまった感も.


で,食事中に今回の原発事故の話になった.

まず,汚染水の海洋投棄.これはブータン人の間でもニュースになっていた.

冗談で,海なし国のブータンは問題にしないだろうが,国際的に問題だよね?と言ったら,「ブータン人だって海の魚を食うから問題だよ」と切り返された.

日本は何をしちゃってるの!というコメントをいただき,「ごもっとも」以外言い返せなかった.

次に,さらに煽ったわけじゃないけど,この画像を見せた↓.
earth_lights_lrgr.jpg

腰を抜かすほどにびっくり.「ニホン,スゲーブライト!」って.
そうなんです.すいません...

「ブータンはこの辺」と教えると,「ブータン,暗い」って.
そうなんです.

インドもあかるいじゃねぇか,,ってちょっと不服そうだった.

とにかく,今,海外から日本はどう見られているか,ブータンでの反応で十分わかった.身に染みた.

なんとかせなあかん.



そんな中,これ必見かと思います.

環境エネルギー政策研究所 飯田哲也氏による
「二度と悲劇を繰り返さないための6戦略」@日本記者クラブ

関連資料@環境エネルギー政策研究所

tag : 衛星画像 汚染水 海無し国 ブータン 夜景

先生!先生!

先生!と書かれるとバカにされてる,とまでは思わないが,超違和感を感じる.
もっと自分の行い(業績?)と知識に自信がつけば,「超」の部分は無くなるかもしれないけど.そもそも教え子以外に先生と言われる筋合いはない.

そして,少なくとも見ず知らずの人に対して,自分から「私は○○先生」です,とはなかなか言わない.多くの人がそうだろう.

「先生と言われるほどのバカはなし」

まぁ,先生と言われることに対して,人それぞれ,好き好きだろうけどね.



そのこととはほとんど関係ないが,気になるブログがあった.

これ↓は,Sさんから教えてもらったブログ.以降,単に他人のブログの批判になるが,あえてここに残そうと思う.(自らを先生と書けるかただから,よぽどご自分に自信がある,と僕の感覚では思ってしまう)

林先生の読書の薦め
石巻市役所の避難所について①



 過去,未熟ながらボランティアをやった経験から,ボランティアにおける自己満足について何度か考えさせられたことがある.それと照らし合わせるとどうも納得がいかない内容である.ボランティア活動において過剰な自己顕示を表すのは大反対である.


 林先生が,ここまで書くに至ったからには,もしかすると市にもおかしな部分があったかもしれない.しかし,行き過ぎてる.どう行き過ぎてるかは検証ブログでも見てほしい.

そのブログを検証するブログ
林先生の石巻市役所批判を検証するブログ



 これとは別に(これ,も大問題だが),ボランティアをする立場として,気になる部分がある.「」で書かれた地元の人との会話にとくにそれを感じる

 しかも,活動を(自分がいかにもやってるー,様な)写真に撮って,かつブログにベタベタと張ること自体,地元を救いたかったのではなくて,ボランティア(のようなもの)をやった自分を創り出したかった,という第一の目的が見えてしまう.


 最後に一つ.

 「私としても感情論で動いてしまい、結果として彼ら(地元関係者)の負担を増やしてしまっていたとしたら、とても悲しく、残念です。」の部分,結局は「悲しく残念」な気分になったご自分のことだけしか書けない彼に,彼の本性が現れてる,と読み取った.()は小森が加筆.

 ボランティアは難しい.ホント,難しい,ってちょうど10年にやっていた活動で学んだ.

 自分も多少の満足は得てもいいと思う.そして,ちょっとくらい「自分探し」で行くのもいいのかもしれない.人の行動は満足を求めるために動かされてるのだから,仕方ない.

 でも,その欲求とはてんで比較できない多量の,多種の不足が地元にはあり,それを純粋に助ける必要がある.ボランティアとはそんな中に入っていくことである,ってことを理解しないといけないんだろう.

地震と氷河の関係

2月のニュージーランドの地震で,タスマン氷河が崩壊,という記事があった.
ニュージーランド地震で巨大氷河が崩壊

3.5mの波がおきた.過去40年で3番目に大きなカービングとのこと.
でも,サイズが全長1200m,幅75mって細すぎるので,全幅1200m,奥行き75mの氷が氷河湖上流側の氷河末端で崩壊したってことだろう.

タスマン氷河の崩壊の話,ナショナルジオグラフィックのもとページはこれ

New Zealand Earthquake Spurs Giant Glacier Collapse

でも文中の"calving"は,正しくは"carving"だじょ.おぃ!
分娩じゃなくて,削り落とし,みたいなイメージか.

かく言う自分も昔,査読でこの単語を指摘された,という恥ずかしい記憶が.

この記事の他のサイト
NASA Earthobservatory
untitled2.jpg
http://earthobservatory.nasa.gov/IOTD/view.php?id=49553

GoogleEarthと重ねてみると,2006年から5年での氷の消滅が明瞭.


News.com.au
untitled.jpg
by Denis Callesen

ブータンのプロジェクトでも,氷河湖決壊のトリガーに地震を想定して,G大の熊さんがいい仕事をしてる.
最終報告書には今回の事象も書き入れるべきかも.

tag : ニュージーランド地震 タスマン氷河 カービング 氷河崩壊 氷河湖

一歩前へ (節電その2)

 この時代,節電の方法はネットを検索すればいくらでも出てくる.

 当然,プロの主婦のほうがよっぽどくわしいので,素人が口出すのはおこがましい.
 でも,あえて書きますね.以下に簡単でかつやってなさそうなことを.

 今日は,「一歩前へ」です.


 で,前に進んでもらうのはトイレでオシッコするまえの男子,,,じゃなかった,冷蔵庫

 すでにみなさん,冷蔵庫の設定はになってますよね?

 そこでさらにやってもらうのが,冷蔵庫をこぶし一個分ほど前に出す小技. これで冷蔵庫の背面や,側面の空気の流れをよくして,冷蔵庫の興奮を抑える,ってこと.

 うちは狭いから,と言う小言はクリーンなエネルギー生産と消費のバランスが取れるまでは言わないこと(何年先か?そうなっても言わないこと).冷蔵庫の前を通るときちょっと我慢をしてもらうってことで.それから,飛び出した分だけ,以前よりも足の小指をぶつけやすくなるので要注意!

 ついでに,冷蔵庫の上に物を置いているお宅は,すぐに降ろして冷蔵庫を楽にしてやってください.興奮がさらに収まるそうです.

 冷蔵庫「一歩前」にと「脱帽」をさせてやると,ホントかウソか数 W/h の待機電力低減になるとのこと(ネットにいいデータが落ちてない..)

これを全国でやった日にゃぁ..数万kW/hは行ぐんでねぇの?それって大きな水力発電所1個分.なめたもんじゃない.

 できたら側面もなんだけど,そんな空間,我らがウサギ小屋に残されてる訳がない.でも,荷物だのを側面に押し込んでる場合は,上に載ってた荷物と一緒に物置にでも,マンションのパイプスペースにでも押し込んできてください.これで,興奮はさらに,,,

以上.

tag : 冷蔵庫 消費電力 換気 空冷効果

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。