スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衛星電話でTwitter

 5年前,11人のシェルパとネパールの山ん中にある氷河湖へ行ったとき.
衛星電話で毎日「今日も元気だどーー(常に高山病だけど)」の生存信号を家族に送った.

 発信方法はKazさんの携帯へワンコ.←ワン切りの意味ね.
テントの中からこっそりと.

理由は,
・通話料がもったいないから.
・当時のネパールでは衛星電話の保有は申告制かつ有料だったので,コソコソ使う必要があった.

 で,たまにKazさんが間違って電話に出ちゃったりして.そんな時は「おぉ,あんで出んだ,お金かかるじゃん!」と慌てて切ったりして.で,そのあと後悔したりして.「あ,話せばよかった」って.

 それが最近変わった.理由はいろいろだけど,とにかくちょっと余裕があり,かつ安全第一になったもんだから,
 毎日バックアップのYさんに一日の報告をすることができる.おぉ,衛星電話よ頼もしい.


 でも,その衛星電話をヒマラヤでもっと活用してるニュースがネットに落ちてた.
 ヒマラヤの山を登ってるあんちゃんが山の中から頻繁にTwitterを発信しているのだ.

登山家の栗城史多さんのTwitter

 この栗城さん,エセではないアクティブな「登山家」だ.カタカナなら「アルピニスト」か.
石油会社のCMに出てくる有名なアルピニストとはわけが違う.

 そしてこの栗城さん,おそらく尊敬すべき登山家なのだが,ちょっといっちゃってる.
 Twitterだからこそ,ということで,かのヒマラヤからスルメイカと真空パックの蛸の吸盤画像をおくってる.

 アホや.でもイカしてる.イカだけに..



 それはさておき,アンナプルナくんだりまで持ち上げた彼らのWebシステムが気になる.
 次回の氷河湖調査までになんとか真似っこしたい.

 現地から新鮮取れたてな情報を発信できるのが面白そう.
天気のアドバイスと天気図,それなんかも麓から受信できるだろうし.

 栗城さんが持つ,「WiFi環境を作って衛星電話に飛ばしてどうのこうの」ってどうやるんだろ?




 この4月,登山家栗城さんがアンナプルナをアプローチしていた頃,もう一人の有名な日本人はその東のマナスル界隈にいた.そして,地元ネパールにはツラギ氷河湖の危険性を訴えてた.

 ん?でも,なぜわざわざツラギなのだろうか...

 ツラギのモレーンはここしばらく変化は無く安定している.これは僕だけの考えではない.
 氷河湖の堤体部分がいかに安定しているか,そのことはモレーン表面のリッチな植生を見るだけでもわかるはず.しかも,ツォ=ロルパと違って,相当に緩い堤体前面部.(実際に歩くと空気が薄くてキツイけど)

 したがって,いま(今後も)決壊させるには相当の努力?をしないといけない,言うなればイムジャと同じなんちゃってデンジャラスな氷河湖だと思う.


 莫大な堪水量があるからと言って,既存の報告書が危険だとしてるからと言って,闇雲に氷河湖が危険であるとアピールするのは避けるべきである.勿論衛星や現地の調査は必要だが.

 あ,こんなことはブログに書いてないで少しでも仕事にしなさい,って誰かにケツを蹴られそう..

 ところで,「アルピニスト」って言葉,ちょっといじると「アピールニスト」になる.なるほど..
スポンサーサイト

tag : 衛星電話 栗城史多 登山家 アルピニスト スルメイカ GLOF Twitter ツラギ イムジャ 氷河湖

胃も腸もハードディスクも

おゲップの数が減り,匂いからゆで卵臭が消えた.トイレの往復も減った.ボーマンカンの辛さが無くなった.

 大量発生した硫酸還元バクテリアの活動が収まり,お腹の中のバブリーな時代もどうやら終わりを告げてくれたみたい.

 週末,彼らはさんざん楽しんだ.その反対にこちらは外出できず,宿題もできずいまいちな週末だった.
ただ,そのおかげで胃腸はほぼ空っぽになった.もし宿便ってのが存在するならば,それもきれいに流れ去った気分でちょっと爽快.

 そんなことを想像していたら,なんだかパソコンも掃除したくなってきた.まずはキーボード.キーの間を細い紙でツーっとやると,,おぉ~,取れる取れる.ホコリ,食いカス?,髪の毛?が.

 次にHDの動きがどうも最近悪いので,ハードディスクの掃除.CドライブのWindowsの中にあった古いTempファイルも捨てるとかなりすっきり.ついでにデフラグメンテーション.フラグめん度50%とかでてるからかなり散らばっていたらしい.
 
 こうなると,もともとあるデフラグソフトではらちが明かない.UltimateDefragとかいうフリーだが便利そうなソフトを使ってみる.作業中,HDの中身が擬似的に映し出されて面白い.
IMGP8526.jpg

 おぉ~,かなりすっきり.特にフォルダの展開が速い速い.

 お腹には治ってすぐに,かなりヘビーな食事になった.プチ絶食のリバウンドで食欲がすごいし,Kazさんが作ったビーフシチューの試食.余った牛肉があったので焼肉.健康にいいかどうかはしらないけれど,とにかくうまかった~.

 ということで,パソコンも今日は元気に一杯仕事せんといかん..って言っても動かすのはこっちだから,こっちがしっかり働かなきゃだめか.. 

テーマ : おすすめソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

ようやく納車



 2002年,ブータン中北部の氷河湖調査で訪ブした時,ブータンのタクシーはえらくボロっちぃなぁ,と思って見ていたのは軽ワゴンのタクシー.車体の名は 「Omni Van」.Maruti SUZUKIというインドの自動車会社と日本のスズキの合弁で作られている軽自動車だ.

 今回ブータンに住んでも,ボロちさは相変わらず.

 目抜き通りなら空きのタクシーは多い.で,空車のオムニがくるとこちらから目をそらすことになる.乗り心地悪いから.時々,ドマ臭いし.そして,その後ろからワゴンRやアルトのタクシーが来ると,ラッキ!と手をブンブン振って拾う.

 インド人やブータン人に聞くと,これはインドオリジナルの車だよ,と言う.メーカー名にSUZUKIの名前が入っている事を完全に忘れている.確かに,どこかインドっぽい.オリジナルは今から20年前のスズキのエブリイ.

 で,その車を買った.新車で.
 3ヶ月半でようやく納車.あまりボロッちくない.
 ちょ,これ笑える,って話題がいくつかあるので納車記念に書き残してみる.

◆納車時に既に走行250km.

写真は我が家の前で撮ったオムニ.

続きを読む

テーマ : コレ、買ったよ!
ジャンル : ライフ

携帯買い替え

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。