スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーも停滞中..

ダメだ.だらけてる.
今日Kさんに送ると言ったファイル,送らなかったし.原稿まだ送ってないし.

メールの返事書いてない人,バラバラといるし.

最近のブログの記事もえらくつまらない.



単身赴任だからかなぁ..時間があるのはいいけど.

夜,帰ってくると日本では娘は寝ちゃった時間だもんでスカイプしてもカミさんだけだし(あっ,カミさんと話すのも楽しんだけどね)


これじゃぁ,いかん!


どうすればいい?

気分転換だ.生活かえよう.明日から...


...どうしよう,何かかえてみよう.


走って職場に行ってみるか.

弁当作るか.

あ,弁当作ってみっかな.

アスパラ丼にしよう.アスパラ美味しい季節だからね.





今日,唯一良かったこと.

今度の氷河調査,手伝ってくれるエージェント,いい会社が見つかりそうってことくらいか.
楽しみになってきたぞぃ.

メモ,伝言代わりに今回の行程を以下に.

5/5 Paro -> Drugyel(2580) -> Shana(2850)
5/6 Shana -> Thangthangka (3610)
5/7 Thangthangka (walk around for acclimatization)
5/8 Jangothang (4080)
5/9 Jangothang survey for glacier and lakes
5/10 Lingshi (4010)
5/11 Lingshi survey for glacier and lakes
5/12 rest day
5/13 Shodu (3750)
5/14 Barshong (3720)
5/15 Dolam Kensho (3290)
5/16 Thimphu

Kubさんのツアーと道中で会うかもね.
スポンサーサイト

情報が足りない

 3か月弱ブログを休んだので,ちょっと大きな会議が終わったので,同僚みなさんが日本に帰っちゃったので,重ねてブログの更新.

 家族がいる日本で起きている原発事故の「情報」がなにしろ足りない.新聞やネットで聞けるNHKラジオは放水ができただの,電気がキターだのと,プールが見えただの,しょうも無いことしか流してくれない.

 ちょっと違う毛色の情報源,ビデオニュースって言うんだって.そこからムービーで話が聞けたので,ここに紹介.
 
福島原発事故でわれわれが知っておくべきこと

それから,これ↓
福島原発事故 京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏電話インタビュー

 政府が現状をレベル4としてることを,フフって苦笑したのが印象的.んな甘くないよって.

 関係ないけど,小出氏ってでなんでまだ助教なんだ?1946年生まれで1974年からずっと助手だ.
まさか,反原発の住民運動に参加したから? んなこたぁないか..

新燃料の登場

 天気は毎日抜けたように良いが,相変わらず寒い.
 朝の最低気温はマイナス5,6度で,ほぼ毎朝水道が凍る.

 そして,窓枠からの隙間風もだいたい外と同じということが,職場から借りてきた熱電対温度計の計測の結果から判明.
 そうなると時にはパネルヒータに加えて薪ストーブが加勢することとなる.

 そのストーブの薪に新しいタイプの燃料が加わった.おが屑を固めて作った半人工の薪.ブータンではブリックと呼ばれている.
IMGP4733_R.jpg
 直径は7㎝弱.66㎜のボーリングコアを思い出させる.
 15㎏で114ヌルタム.

 今年は国際森林年だとか.そして,森が守られている国であるブータンで,大切にされている(はずの)本物の木を燃すのはどうも気が引ける.一方,こっちの方だとなんだかバンバンいけそうな気がする.

 ということで,今夜は温かい部屋で寝られるのだー.

 ところで,この「森が守られているブータン」という解釈には,一部誤解があると思う.他の南アジア諸国と比べるともともと森が育ちやすく,保たれやすい国土なのだから.

tag : 薪ストーブ おが屑 圧縮 ブリック

ブータンのクリスマス

 とタイトルを打ったが,敬虔な仏教国では特に何もない.

 町にイルミネーションがあるわけでも,そのての曲が流れるわけでもない.
 もちろんトナカイもいない.   ターキンはいるけど.

 そして,いつものように定時退社するC/Pのプンツォに「マンディジョゲ&ハッピーメリークリスマス」と言うと,「クリスマス?ていつょ?何日?」と聞いてくる.

 それくらいこの国ではクリスマスは異教徒のお祝いであり,彼らは全く意識していない.



 一方,我が家.

 それもいいんだが,ちびにはせめて小さいうちだけでもサンタからのプレゼント,ってのを経験させてあげたい.

 ということで,ユウカからはサンタへのお願いを聞き出し,彼女の希望に近いピンクの帽子を準備した.


 しかし,,,,


 クリパで昨晩遅くまで起きていた両親は朝まで寝過ごし,肝心のプレゼントのセッティングを忘れた.間抜けである.

 ユウカを起こさないよーに,慌てて帽子を袋に詰め,カードを準備.

 なんとかセット完了.
 あとは,何気なく彼女を起こし,プレゼントの存在を気付かせ,袋を開けてみんなで驚き,カードの代読をし,サンタの侵入跡をユウカと発見し,,と猿芝居を打った.

 ふぅ....



 今朝,ちびちゃんのいる家庭では同じような猿芝居が繰り広げられているのだろうか...少なくともブータンを除いた多くの国で.

今日の結論
 ・事前の準備はしっかりと
 ・物があふれる時代のクリスマスのプレゼントって,,,ちょっと考えさせられる

tag : クリスマス プレゼント 準備

マツブロッコリー拾い

 今朝は冷えた.
 どれ程冷えたか気になったので,ユウカに温度計を読むように頼む.

 答えは「サン」とか言ってる.

 さ,さん度?

 怪しい報告なのでKaz さんに代読を頼むと,なんと「マイナス6度」.何がサンだったのか...

 それにしてもマイナス6とは驚き.水道が凍るわけだ.去年水道が凍ったのは記憶には1回しかない.この記憶は自分のではなく,Kazさんの記憶だが...自分には記憶にない.

 しかし,この寒さもすぐに穏やかになる.これがティンプーの冬のいいところ,許せるところだ.午後のしばらくまではとにかくポカポカの小春日和が毎日なのだ.

 今日も温度計の最高気温は23度.この数字,日光が当たってるからもあるが,黒い服で日なたにいると暑いくらいになる.

 そして再び,夕方,日が沈むと急に寒くなる.



 ここ数週間,居間には風船が転がってる.ユウカの誕生日にたーくさん膨らましたピンク,赤,青,,のふわふわしたやつが.そして,時々本当にふわふわしている.

 その原因は隙間風.場所によっては頬にまでそよ風を感じる.室内でそよ風なんて,この時季いい迷惑.

 そうなってくると数日前のブログに「電気ストーブだけ.ボカリは使わない」と書いたがさすがに厳しくなってきた.

 ということで前言撤回.昨晩から働いてもらうことにした.



 ボカリの焚き付けには松ぼっくりを使う.ユウカ語ではマツブロッコリー.こいつの威力はすごい.中に含まれた松脂のおかげ?でボンボンと燃える.焚き付けだけでなくカンフル剤として弱った火の復活にも重宝する.

 いよいよボカリ出動ということで,今日はこのカンフル剤を裏山へ拾いに行った.
DSCN2827_R.jpg

 松ブロッコリー命名の本人,たくさん拾って興奮のご様子.
DSCN2830_R.jpg

 さぁ,これで朝の「サン」,じゃなかった,「マイナス六度」も怖くないかな.

tag : 松ぼっくり 水道管凍結 薪ストーブ

我が家にもネズミ

さっきのファイル転送は結局途中で途切れていた.転送がタイムアウトになったのかなんだか分からないけど.まったくよぉ.
ということで、再度の転送が始まった.

....で...

相変わらず遅いので、その間にもういっちょブログを更新してみる.ちょっと最近怠けていたからね.


------
 先週の一時帰国、日本は相変わらずシビアな国だった.

 きっと住んでしまえば以前と同じように、数分と狂わない電車に乗り、見知らぬ人の横数cmに立ち、スケジュールを詰め込んで充実感に浸り、くたくたになって家に帰る、なんてことをするんだろうけど、ブータン人的日本人の今の僕にはつらい.

 そして、ブータンに戻ってきたら、日本から変な咳が続く症状を持ち帰ってしまい、いまだ体調がわるい.

 さらに、2週間の留守の間に、この家は小さな住民に乗っ取られていた.
 チュウチュウっていうやつ.どこでもかじって、だいたいの人には嫌われているアイツだ.

 そのネズミ、台所の食材を食い荒らし、後生大事にとっておいた日本産の蕎麦だのうどんの袋までかじりやがった.

 お手伝いのソナムさんいわく、さすがのブータン人でも、一度ネズミにかじられた袋(完全に破られてなくても)の中の食べ物は潔く捨てるとのこと.

 しかし、今回の場合、その中身はにほん蕎麦である.稲庭うどんである.捨てられるわけが無い.たとえ乾麺だって、蕎麦を捨てる勇気は無い.

 ということで、食べちゃった.


 大丈夫だよね?


 しかし、相手はネズミ.夜中はどこかの棚でカリカリやってる.やっぱりいい気分はしない.退治の方法を考えねば.

 そうは言うものの、ここはブータン.殺生を嫌う国.退治される前に自ら転居してくれないかなぁ..


 あ、そうだ!ジャイアンの歌声、ネットで落ちてないか探してみよう.

放置で復活

この夏、雨季真っ只中の氷河湖調査で、僕のデジカメ一眼は↓この写真を最後に水没した。
IMGP3657r.jpg
つぶれたビールの缶
北の国境を中国から密入国させられ、飲み干され、そして捨てられた青い缶だ。

銘柄は拉薩稗酒(ラサビール)。
背景に写る小道はチベットからモンラカルチュン峠を経由してブータン側へ下ってきた歴史ある山道。
冬虫夏草の密猟者やラサ2008動乱からの亡命者と同じく、空き缶もここを通ってきたってわけ。

で、まぁとにかくこの直後、氷河湖から流れ出る沢の横断に失敗した。たいした流れじゃないのに、川底のえらくぬめった石のおかげで「およよょ~」ってすべって、転んだ。

転びながら「やばっ、カメラのバックが開いてる!」と思い、「獲ったドー」のポーズでバックを右手で掲げるが、結局オヘソまで水につかりカメラもずぶ濡れ。レンズの中もタプンタプンであまり見たことのない状態に。

もうこうなるとどうでもいい。
袋に入れて他の荷物と一緒に数日馬に揺られて下山。

自宅に戻った後も修理に出す気にも、ジャンク品としてヤフオクに出す気にもなれずそのまんま放置。。。。




。。。それから三ヵ月、モンスーンが空け、不安定ながらもさらに一ヶ月たった。

そして今日、本来のポストモンスーンなカラっとした快晴。
図々しくも「も、もしかして?」と期待をしながら電池を入れてみる。。。。

。。。あらま、何事もなかったかのように電源が入るじゃないの!
お、シャッターも下りるじゃないの。

プリズムもきれいなもんだし、細かな水滴の跡がついたデフォルトのレンズ以外は完治してしまった。

放置&自然乾燥で水没の電気製品って復活するんだ。すごいわぁ。
でも氷河湖から塩水やら甘いコーヒーやコーラが流れ出てたらこうはいかなかっただろうなぁ。。


さて、今日の写真。密航してきた空き缶だけってのも味気ないので、その1時間まえにとった青いケシとピンクのワレモコウもアップしとこ。
IMGP36022r.jpg

IMGP3603r.jpg
ムカつく雨空の下で人知れず咲くこんな花と出会う。そして、なんでこんな繊細なつくりと色なんだ。。って柄にも無く感動してしまう。


あ、Pentaが直ったんだから借りたNikon、返さなきゃだ。

tag : ガンデジ 水没 乾燥 ポストモンスーン よゐこ

黒い来客

花の季節だ.

 庭の花壇に,よくもまあこんなに交代交代で花が咲くもんだ,と思っていたら,大家のお母さんが手入れをされてた.
このおばあちゃん,ダージリンの名家の出身で,今も家にはお手伝いさんがるのに泥仕事,汚れ仕事を厭わない.
IMGP6590r.jpg
 こっちのタンポポは大きい.Yukaの背くらいある.

 そして,この写真の奥の緑の門,その下の隙間に写る黒い影.これが今日の話題.
IMGP6506r.jpg
 黒い来客の正体は近所のノラ犬.名前はまだ無い.門の外で餌をもらえるのを待っている,の図だ.

 もともとは,こっちが棒を持って追い払っていたので,仲が悪かったが,一,二度ビスケットを挙げたら仲良しになった.
 夕方の帰宅には,こっちの車の音を聞きつけて後から走って付いてくる.

 ブータンが頑張って開催したSAARCサミット.このあおりで,ティンプー中のノラ犬が粛清されるかと心配していたけど,だいじょうぶだったみたい.
IMGP6499r.jpg
 この写真では伏せをしている.尻尾を左右にしきりにふって.ノラのくせに行儀が良く,人懐っこい.
 このノラ家族は,ツキノワグマのように胸に白い斑点があるのが特徴.
IMGP6493r.jpg

 スリランカのKさんみたいに家で飼ってあげたいけど,蚤が心配でそれはできない.手前の子は確実に忠犬になるんだろうが.
 実はおとなしかった彼(彼女)ら,ということで,今ではYukaも近づいて餌をあげられるようになった.

 我が子が動物と触れ合ってる.これってなかなかいい絵だ.



 日本では,,Yukaのいとこの家の賢猫が元気がない.

 そのことを(もうダメかもということを)Yukaに言っても,どうもピンと来ないらしい.目の前にいない訳だし,命に限りがあるって事は今まで知る機会がなかったから仕方が無い.今度,いとこに会ったらいろいろ聞かせてもらえるといい.

 そして,今日,Yukaがウソをついた.壊したものにについて問いただしたら人のせいにした.こりゃダブルで悪い.
 叱ると「ハイ」,「ハイ」と聞分けが良さそうだけど,悪いこととはそれほどわかって無いらしい.
 
 これから叱ったり,褒めたり,正直楽しみである.
 でももう少し厳しくしないといけないのかも.怒ったあと,すぐにこっちがニコニコして慰めてやりたくなってしまう.いかんいかん..

tag : ノラ犬 育児 タンポポ 花の季節 餌やり ダージリン

超ショートカット

前回の床屋から坊主頭になった.

これが結構楽で,職場のブータン人にも好評.
日ごろは髭のトリミング感覚で,髭用のバリカンで自分で切れるのが楽しい.

と,いうことで1,2週に一度,風呂場で散髪.
設定は4mmのバリカンでジャーーーっと芝刈り.ものの5分か.

ところが,昨日は失敗.
あろうことか,設定がいつの間にか2mmになっていて,知らずに生え際を借り上げてた.
IMGP6578r.jpg
これにKaz,Yukaが大爆笑.
でも,これじゃまさに超ショートの虎刈り.

ということで,切ってしまった生え際にあわせて,周囲を刈り上げ.
ってことで海兵隊なんかがやってるクルーカットってイカした髪型になった.

これはきっと40年の人生で最短記録更新.
IMGP6611r.jpg
今日は新調したシングル生地のゴで出勤.
こうやって見ると後頭部の刈上げが甘いなぁ.

tag : クルーカット 髭剃り トリミング 刈り上げ 坊主頭

Web聴力テスト

加齢臭が気になったので,加齢について調べてみた.

耳も加齢にともなって高音が聞こえなくなるとか.

世の中いろんなサイトがあるもんで,
↓ここではどれくらいの高音まで聞こえるのかが試せる.
http://itsd210.s24.xrea.com/ja/mosquito_sound/

14000Hzまでしか聞こえない.
やっぱり若くないのかー

一フジ,二タカ

 昨日はバングラデッシュから友達のご家族がブータンへ来られた.
その話しはまた後で.

その前の早朝.庭を見るとなんだか雪のように白くなった場所が.
よく見ると,なんだか強そうな鳥が何かをついばんでる.何かいわゆる猛禽類.
タカみたい.

hayabusa1
どこかで捕まえてきた鳥をこの庭にはこんできて食べてる.

元旦の庭にタカが来てくれるとは,こいつぁ春から縁起がいい!

ネットで調べると,どうやらハヤブサらしい.
hayabusa2

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

さぁ,寅年!

さっき,日本では年が明けた.
みなさま明けましておめでとうございます.

今年は寅年.さて,何にでも吼えるように熱く濃く,そんな時間の使い方ができる年にしたい.
torachan
↑大晦日の街(と言ってもいつもと全く変わりない)で,急遽買ったトラのお面.

 お正月なのでもう少しそれらしい記事を続けて,といきたいとこだが,ブータンはまったく大晦日も元旦も普通の日.明日も通常出勤.

 なので,後半の話題も普通に,昨日の雪の話し.

 今日の雪はあっという間に融けてしまった.ティンプー市民待望の初雪休みだったので,融ける前にユウカを庭に連れ出して雪だるまを作った.

 その時に思ったのが,ユウカの雪だるまつくりの下手さ(当然か!)と,あとは雪の汚さ.
 とくに,降り始め雪を意味する積雪の下のほうの雪は,見た目ではっきりと黄ばんでいるのがわかる↓
123103
 
 20cm四方で定量採取して,コップに入れて溶けるのを待つと...その量は120ccくらい.
地面にしみこんだ量を考えないで換算すると,降水量は3mm.しみ込んだ分も考えても4,5mmといったところ?
積雪は2cmくらいだから妥当なところか.

 で,とにかく融けた水の色がすごかった.↓
123104
左が雪の融け水.大き目のごみは庭の落ち葉.右は水道水.

 感じとしては薄い麦茶くらい.インド気象局の雲画像を見ると,この水蒸気はインド南西部のアラビア海からやってきて,インド上空を経由してきてる.特に雲になったのはインド北部からネパール南東部あたり.このあたりの大気の汚っい塵だのを取り込んで,汚い雪となったのかもしれない.

 ついでに,長らく雨が降ってなかったティンプー上空の塵もちっとはあるかも.そうは言っても工場や自動車といった汚染源はインド,ネパールと比べると無いようなものだから,ローカルのがあるとしたら舞い上がった塵のたぐいだろうか.

 この汚れ,ちっとも沈まないのでそうとう細かいはず.
インド,ネパール産のなんやらキケンな物質が入ってたりして...

テーマ : 日々のこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

体内通過に12時間

今年の氷河湖の調査では,ボートとソナー(と言っても魚探)を使っての湖盆地形の調査がそれなりに成果が得られ,しかも楽しかった.

 この,湖盆地形調査,地質鉱山局のメンバーもかなり興味を持ってくれている.
そして,さっそく来年の春から夏にかけて,彼らのイニシヤチブで,国内数箇所の氷河湖(ネパールにある研究機関によって,危険とされている氷河湖)で,同様の調査をすることになりそう.

 彼らのスキルアップととやる気アップ,これは僕の在ブータンでの重大使命の一つ.そして,それが一歩前進したと考えてもいいかもしれない.

 この湖盆地形調査と同時に何とかできないか考えているのが,岩屑被覆型氷河(Debris covered glacier)にできたプチ氷河湖群の水理学的調査.上流からのトレーサー実験でもして,小さい池や地下の水脈がどうなっているか調べてみたい.これはまだまだ頭の中のイメージの段階だけど.


 トレーサー実験,というと理解しにくいかもしれない.
 例えとしては,ここ数日の自分の消化器官であったことを説明すれば分かりやすいかもしれない.

 木曜日,ティンプーの街が一望できるレストランで唐辛子のチーズ煮込みを食べた.かなり辛くて,食べた直後に頭皮からジュワっと汗が噴出した.口の中もやばい.これが夕方の6時頃.

 そして,次の日の朝,お尻の排泄孔がたいへんな事に...これが朝7時頃.
ということは体の中を食べたものが通過するのに,12時間ちょっとかかる,ってことがわかる.けっこう早いのでびっくり. ちょっと早過ぎないか?と心配になる.

 とにかく,この時の唐辛子がトレーサーであって,通過に12時間ちょっとだったというのはトレーサー実験をやったからわかった,ということになる.

あまり例えが良くないか...

 そして昨日,「恐らく最も辛いチリペースト」というサブタイトルのインド・シッキム産の唐辛子ペーストを食べた.小さじ1/4くらい.そして,12時間後.一昨日と同じ反応をトイレで味わうことになった.

 こいつのおかげで,一昨日以上に上で下で激辛である.
tepin

 「恐らく」「最も」の間には「世界で」が入るであろうこの唐辛子,テピン(Tepin)という丸っこい形をした爆弾唐辛子でできているらしい.
 一瓶130ヌルタム,260円.確実に1年はもつ.

テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

そのストーブで

餅を焼いた.
お正月の練習.というわけでもないが
ポカリ(薪ストーブ)の上で大成功.

お新香はまだまだ.単にしょっぱくヌカの味がするだけ.
正月までには美味しくなるかな?

リンゴの家のストーブ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

新たに始めたこと,二つ

「きっと続かないブログ」.本当に続かなくなりかけて2週間.復活です.

さて,その2週間の出来事としては...

◆日本に戻ってプロジェクトの会議に出席.今年の話と来年の話で2日間が終わった.来年は今年以上に更にヘビーなメンバーでヘビーな現地調査となりそうで,楽しみ.

◆ついでに家族を伴なってブータンに帰国.途中,またまたバンコクに寄ったが,既にしっかりとブータン人化した(例えば値札を見るとすぐにヌルタム換算してしまう,みたいな)我が家族には,あの街はヘビーすぎ.

◆師走に入って,二つ,新しいことを始めた.これが今日の本題.

一つは糠づけ.
ビバ,ビフィズス菌!
とは言え今日が2日目.まだまだあのキッツイ匂いは発してくれてない.

以前,初代ヌカ子,二代目ヌカ子は哀れな腐乱死をとげた.
かなり熟成したヌカ床だったのに!海外出張中に我が奥様に見放された.

今回,三代目ヌカ子はブータンの野菜に「お新香化」という絶大な付加価値をつけてくれるはずである.
しかし山の調査の間はどうしよう.

二つ目は,Wii Fit
 ブータンに持ち込んで直後,鼻歌交じりでテレビと電源に繋いだ直後「ボン」っとACアダプターを240ボルトの電圧で焼き殺し,それから4ヶ月.ついに稼動を始めた.

 今のところ,Wii Fitに関しては「このデッカイACアダプターが240Vで使えないって,ニンテンドウよ,あんたどうかしてるぜ」という感想のみ.
 奥様が気に入って毎日ヘビーに使ってくれることを祈る.

プロフィール

jirok

Author:jirok
ブータン地質鉱山局に身をおく一地球人の独り言と備忘録.

 ヒマラヤの氷河・氷河湖問題,山地・気象災害とかってどうなのか.この地が,この社会がなぜできたのか,ブータンは,日本は幸せなのか,我が子はどう育つのか,興味の相手はつきません.

試しに↓ポチッとお願い.
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 科学ブログへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
How many?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。